コロナに負けるな!ステイホームでブログを書きます!

プジョー、さらに洗練された改良型「3008」を欧州発表!PHVで80km/h以上の燃費!!!

かつてボクをときめかせまくったプジョーのSUV、「3008」の改良型が欧州で発表されました!

スタイリッシュな顔がプジョーらしい!

初代「2008」がフェイスリフトされたあたりからプジョーは”SUV”を押し出しはじめていて、今回のフェイスリフト前の3008は全世代のMPV的な作りから一気にSUV感溢れるデザインになりましたが、どこか、

いかついデザインにしておけばSUVっぽいでしょ

という様なデザイナーの考えが見えました。

それはそれでいいのですが、フランス車らしい、おしゃれなイメージが失われつつあったのが心配でもありました。

それが今回の3008では、「おお、これはプジョーらしい!!」と思わせるデザインになり、個人的にはこ認証なアップデートとなります!

グリルがおしゃれになった!

こちらがフェイスリフト前のフロントグリルですが、今回の改良でグリル周りのフレームがなくなり、さらに左右に広がる様なデザインへと変更になりました。

いかがでしょう??!!

いかつさはほどほどに残しつつも、よくあるSUVっぽいイメージにとどまらないおしゃれさが増したと思いませんか??

”牙”も導入

そして今のプジョーにおいて必須となっている”牙”の意匠も取り入れられました!

SUVシリーズだけでなく208から508まで分け隔てなく使われる牙を模したLEDライトが搭載され、一目でプジョー車とわかるデザインにアップデート!

しかもこの牙はウインカーと連動するらしい〜〜〜〜💫

3008ロゴがボンネットに

そして、これも新型2008と揃える形で3008のロゴがボンネットに載ることになりました。

これらのリデジンで2008とのデザイン的親和性がぐんと増しました。

日本未導入のPHVも更新

日本にはまだ導入されていませんが、欧州では3008にガソリン車、ディーゼル車に加えPHVが設定されています。

こちらももちろん改良版として登場。

バッテリー容量など向上

2008では完全EVモデルがラインナップされていますが、3008ではPHVの設定があり、今回の改良ではバッテリー容量がアップしたことでEVモードでの走行が4WDモデルで59kmまで増えました。

83.3km/リットルの高燃費

もちろんPHVなのでガソリンでも走行するわけですが、電気走行と合わせると最大で83.3km/リットルという高燃費となる様です!

日本にはいつ来るかな〜?

顔以外、全体的なデザインは大幅に変更することなく、しかしi-Cockpitのアップデートや”牙”によるデイタイムライト、フォグランプの利便性向上など細かいレベルアップが図られたフェイスリフトはかなり好印象なので日本導入も期待されますね!

日本の道路事情やトレンドの大筋を考えると2008の方が本命かな?と思われますが、2008じゃ少し小さいという人には最良の選択肢となる3008ですから、2008の日本導入と合わせてこちらの導入も待ち遠しくなりそうです!

2008の国内導入も発表になりました!

日本車とは違うサイクルで更新される欧州車ですが、今回の様に好印象なアップデートばかりでないのも実情です。

しかし、少し前までプジョーは色々遅れている感じもあったメーカーなのにそれを感じさせず、どんどん最新の装備を導入していく意欲を感じるニュースで嬉しいばかりです!

今後もこの調子でいい車をどんどん日本に持ってきてもらいたいものです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Leo Miyanagaを
Like
LikeLoveHahaWowSadAngry
このブログを書いてる人
Leo

コロナで色々バグった起業家😷
写真家/ブロガー/YouTuberなど色々やってます。愛機はα7III & RX100VII。
シアトル生まれ、大阪育ち→シアトルにも10年以上住んでましたが今は大阪ベース。
このブログではLeoの気になるコトや毎日の色んなコトを記録しています!
詳しいプロフィールはこちら

Leoをフォローする
Good Items LIFE
LEO LOG

Comment 気軽にどうぞ!!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました