Wordpressテーマを「ZEEN」に変更しました!

1年無料に釣られて「LINEMO」に変えてみた感想!5分無料通話もついてるよ!

ほぼほぼWi-Fi下にいるのでギガ難民になることはあり得ないLeoです!

今日は、3年かな?ぶりにケータイキャリアを移籍したのでそのお話です!

格安SIMの「LINEモバイル」から「LINEMO」に変えた理由

この記事を見るだろう人を想像したときに、NVMOがどうとかいう話はいらないと思うので、さっさと、変更した理由から、してみての体感を紹介します。

まず、3年くらい使っていた「LINEモバイル」についてから。

LINEモバイルに大きな不満なし

LINEモバイルは、大手3社+楽天とは別枠のいわゆる格安SIM側のブランドですが、格安SIMで嫌やなと思われる要素の一つである「LINEのID検索ができない」問題が大丈夫な希少な選択肢で、そこが結構ポイントとなりその前まで使っていたauから乗り換えていました。

格安SIMは店が少ないとか回線速度が安定しないとか言われますが、ボクはそんなに不便を感じたことがなくて、何回かだけ、梅田とかで回線混雑を感じたことはありますが、「うわー格安SIM最悪」とかいう気持ちになったことはありません

通話品質も問題ないし、LINEも快適に使えますもちろん。

難点といえば、安く音声通話を利用したい場合、「いつでも電話」という専用アプリを利用しなければ適用外なところくらいかな?

LINE, Facebook, TwitterなどのSNSがギガ消費しないプランだったこともあり、3GBプランで困ったこともほぼなかったし、利用料金が安くなってお得なだけでした。

LINEMOが1年間無料のキャンペーンを始めた

実は、Y!モバイルがキャンペーンをやっていた時に一回乗り換えを検討したことがあります。ナンバーポータビリティを使うと数万円もらえるようなやつです。が、微妙にタイミングが悪くて、見送っていて、上記の通りLINEモバイルで大きな不満もないし、ってことで乗り換えの意欲は無くなっていました。

しかし、そもそもLINEモバイルが新規受付を終了していて、どう考えてもLINEMOやY!モバイルに促したいだろうということを感じていたので、良さそうなキャンペーンはまたやるだろうと思っていました。

それで、そうういうのが来たら乗り換え〜と思っていたところ、13ヶ月月額利用料がゼロ円というキャンペーンが始まったので、飛びついた感じです。

LINEMOは2プラン

現在、LINEMOは2つのプランだけで、片方は20GBで月額2,728円(税込)、もう一つは3GBに抑えられてるけど、990円(税込)というもので、わかりやすいですね。

そして、このうち安い方のプランが1年間(最大13ヶ月)無料になるというのが今回のキャンペーンで、もし20GBプランの方にしたら、差額分の利用料になる感じです。

5分通話し放題も無料でつく!

さらに、基本料金が990円引かれるだけでなく、オプションで用意されている5分間無料で話し放題というものも無料でつけてもらえます。

つまり、5分未満の通話しかしない人なら、電話を利用しても1年間利用料がゼロ!

お得すぎます。

申し込み自体はめちゃ簡単

ドコモのAhamoをはじめ、オンライン専用プランたちは、乗り換えの手続きが完全に自分でやらなければならなくて、全部ネットを介してということもあり、苦手と思う人には結構ハードルが高いですよね。

ボクはネット自体は不得手ではないのですが、やっぱり何かあった時の不安は感じます。

でも、結論から言うと、入力しなければならない項目もそんなに多くないし、LINEMOのページはポップでわかりやすく作られていました。事務作業感が少ないので気持ち的に操作するのが楽になりました。

手続きして、翌々日にはSIMカードが届きました。eSIMで不安がない人なら即日開通できます。

送られてくるもの

届いたのは、折り紙よりちょっと大きいくらいのこのうっすい冊子だけ。

SIMカードが挟まれていて、「SoftBank」のロゴが大きく描かれています。ネット専用プランではあれ、れっきとしたソフバン(つまり大手キャリア)のプランに加入することを意識させられます。

SIMカードは、何段階かで割れますが、ボクのiPhoneには一番小さいサイズが入るため、パキパキして取り出します。

初期設定マニュアルなるものも同梱されているのですが、ボクは中身を読むことなく設定までいけました。「必ずお読みください」と書かれているので読まれる方が安全ですが。

申し込み自体はめちゃ簡単

ドコモのAhamoをはじめ、オンライン専用プランたちは、乗り換えの手続きが完全に自分でやらなければならなくて、全部ネットを介してということもあり、苦手と思う人には結構ハードルが高いですよね。

ボクはネット自体は不得手ではないのですが、やっぱり何かあった時の不安は感じます。

でも、結論から言うと、入力しなければならない項目もそんなに多くないし、LINEMOのページはポップでわかりやすく作られていました。事務作業感が少ないので気持ち的に操作するのが楽になりました。

手続きして、翌々日にはSIMカードが届きました。eSIMで不安がない人なら即日開通できます。

送られてくるもの

届いたのは、折り紙よりちょっと大きいくらいのこのうっすい冊子だけ。

SIMカードが挟まれていて、「SoftBank」のロゴが大きく描かれています。ネット専用プランではあれ、れっきとしたソフバン(つまり大手キャリア)のプランに加入することを意識させられます。

SIMカードは、何段階かで割れますが、ボクのiPhoneには一番小さいサイズが入るため、パキパキして取り出します。

初期設定マニュアルなるものも同梱されているのですが、ボクは中身を読むことなく設定までいけました。「必ずお読みください」と書かれているので読まれる方が安全ですが。

サポートは全部オンライン

大前提となる条件ですので、それを受け入れての申し込みになるわけですが、うまくいかないことがある時、問題発生時のサポートはオンラインのみです。ソフバンショップに駆け込んでも相手してもらえません。その代わり、利用料金が安いです。

実は今回、開通はできたのですが、外でインターネットに接続できないという問題が発生しました。

ググってみたのですが明確な対策が見つけられず、チャットにより相談することになりました。

よくある質問的なやつはAiっぽい?bot的なやつが対応しますが、ちゃんと人間が向こう側にいる奴にも繋がり、個別の案件に対応していただけます。

相談してみた

botで対応できない感じになると、このようにオペレーターが出てきてくれます。アイコンが変わらないのがわかりにくいなと思いましたが、「田中」と言う名前がくっつくことで実在する人っぽさが付与されました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Leo Miyanagaを

シアトル生まれ、大阪育ち。6年前に独立・起業しましたが、コロナ禍で事業が大ダメージを受け、人生の方向転換に悪戦苦闘の日々です!とにかく、「ワクワク」に満ちた毎日を目指してできることから地道に頑張っています〜!