コロナに負けるな!ステイホームでブログを書きます!

巣篭もり生活にぴったり!Leoがオススメする日本発「Netflixオリジナル」作品4選!!

緊急事態宣言が延長となり、ますますお家時間の充実が大事になっている中、

U-NEXTの31日無料体験も始めているボクですが、今日はNetflix歴12年のボクが絶対の自信を持って紹介するNetflixオリジナル作品のお話です!

ちなみに、限定作品以外でおすすめの作品についてもこちらの記事で紹介していますのでよかったらどうぞ!

  • Netflixの加入を考えている人
  • 他のサービスと悩んでいる人
  • すでに加入ずみだが見る作品で悩んでいる人

U-NEXT

本当に多いオリジナル作品

最近乱立している有料動画見放題サービスですが、各社オリジナル作品に力を入れています。

そんな中でも特にオリジナル作品が目立つのがNetflixです。

インターネット動画配信大手Netflixが、2018年にコンテンツ獲得のため80億ドル以上を費やす見込みであると、バラエティが報じた。(中略)この出費のうち、オリジナルの映画やドラマは700本程度になるという。

2018年の記事ですが、映画.comにこのような話が紹介されていた通り、現在のラインナップ数の公表はないものの、本当にたくさんのオリジナル作品が揃っています。

さらにオリジナル作品は数々の国で制作されていて、日本発の作品も、「全裸監督」を始め多数作られています。一つだけ注意点があるとすれば、多くの”Netflixオリジナル”作品はテレビ局と共同制作されていて、”配信としては”ネトフリ限定ですが、一応地上波放送されたことがある作品も多いことです。

Netflix以外で絶対見れない作品ばかりではない点に注意!

しかし、海外作品では、「アイリッシュマン」が最多10部門でノミネートするなど、2020年のアカデミー賞では急にNetflix作品がたくさんノミネートしました!

他にも、「マリッジ・ストーリー」からはアダム・ドライバーの主演男優賞、スカーレット・ヨハンソンの主演女優賞など6部門、今までのように劇場版映画ではなく、配信サービス発の作品が多数ノミネートし話題になっています。

これは、時代の潮流というか、今や最新の映画作品は劇場で見るだけではないという時代になったということですが、ちょうど新型コロナの影響が劇場に大打撃を与えていて、逆にStay-Homeで観られる配信サービスにスポットライトがあたり、この流れは加速するかも知れません。

そして、それくらい今のNetflixオリジナル作品は力が入っていて、面白いということです!

日本発の作品も!

もちろん日本で制作された作品もたくさん!ドラマは2015年の「アンダーウェア」を第1作に、今年も「Follower」「今際の国のアリス」などが配信されます。

実写ドラマ以外にも、多数のアニメ作品が配信されていて今後にも期待です!

Leo的オススメする4作品

さあ、お待たせしました!

ネトフリ歴12年のボクが絶対の自信を持ってオススメする日本制作のオリジナル作品を紹介します!

1. 火花(2016)

まず最初はこれ、ピース又吉直樹のベストセラー作品の映像化として話題になった「火花」。

あらすじ

売れない芸人・徳永(林遣都)が先輩芸人神谷(波岡一喜)との出会いをきっかけに荒々しくも刺激的で、夢のある芸人街道を駆け抜ける濃密な時間を過ごすことに。天才肌で他に媚びない独特の世界を持つ神谷は「俺の伝記を書くこと」を条件に徳永を弟子にする−−−。

Leoがオススメする理由

元から話題作である強いコンテンツの映像化ですが、

物語の展開がよくあるスターダムを駆け上がる系の展開でもなく、要所要所で現実味ある動きだったり、人と人の関係のリアルさが染み入ってくる感覚が全10話という長さながら場合によっちゃ1日で全部観てしまえる勢いで肩肘張らず、自然体で観られる作品です。

小説版は一部しか読んでいませんので比較できませんが、単純にいちドラマとしてとても気に入りました。多分5回は観ています(笑)。

主演の林遣都の演技なのか元からもつ雰囲気なのか、が、世界観に合致している気がするのも好印象ポイントで、若手の売れない芸人がリアルに描かれています。描かれていると言っても、本当の若手芸人の知り合いいないけど、実際こんな感じなんやろなーーーーって思う感じです。

菅田将暉/桐谷健太主演で映画版も制作されましたが、全10回に分けてじっくり進むドラマ版の方が人間関係や、芸人人生のステップごとに様々な苦悩や周りに翻弄される様子がしっかり描かれていてこの作品においては合っているとと感じます。

  • 「火花」は気になってるけど、読書は嫌いな人
  • ちょっとした野望があるけどなかなか火がつかない人
  • 夢に向かう中で倦怠期な人、負けそうな人

icon-external-link Netflix作品ページへのリンク
icon-external-link ドラマ「火花」NHK公式サイト

2. さぼりーマン甘太朗(2017)

続いてはこれ、これも多分3回は観た!

とにかくスイーツ大好きな主人公!もう、その設定だけが全てのドラマです(笑)。

ボクは以前このブログで日本のドラマはどれも舞台が東京だということに文句を言っていますが、このドラマも例に漏れず、出てくるのは関東のお店ばかりなので、「お、ここ行ってみよ」とならないやつです。

icon-bookmark 日本のドラマのほとんどが東京か神奈川が舞台な件〜だから日本はダメなんだ〜

しかし、そんなマイナス点が全く気にならない素晴らしさがあるドラマです。

あらすじ

大好きなスイーツを食べる時間を増やすためだけにSEから営業職に転職した飴谷甘太朗。その優秀な能力で営業を素早く終え、こじ開けた時間で関東中の有名スイーツ店で”昇天”する−−−。

Leoがオススメする理由

元は漫画のこのお話。

漫画版は読んでいませんが、とにかくドラマ版が大好きです。

ちょっとガタイのいい甘太朗役の尾上松也が採用のキャスティング。他の作品でも観たことはあるはずですが、今やもう甘太朗としてしか認識できません(笑)。

毎回美味しそうなスイーツが出てくることはもちろんですが、そのスイーツを味わう時の甘太朗/尾上松也の”イキ”顔がもう病みつきになります。

実際に存在するお店が毎回出てくるので、上記の通り、関西版とか作ってくれたら出てくるお店絶対行くのに!と思うものの、繰り返しになります、そんなこと超越して楽しめる作品です!

  • スイーツ好きな人!
  • スイーツ好きな人!!
  • スイーツ大好きな人!!!

icon-external-link Netflix作品ページへのリンク
icon-external-link 木ドラ25 さぼリーマン甘太朗 公式サイト

3. アンダーウェア(2015)

こちらは、2015年秋に日本市場参入となったNetflixがフジテレビとタッグを組んで制作した日本初のオリジナル作品です。

全13話構成と、最近の国内連続ドラマと比較すると話数が多くなっていますが、サクッと観られます。

あらすじ

銀座にある完全オーダーメイドの高級下着店に就職した主人公・時田繭子(桐谷美玲)は重度の繊維フェチ。大好きな繊維の知識を駆使して素敵な下着を作ることを夢見るが−−−。

Leoがオススメする理由

待望の日本制作オリジナル作品として登場したのが女性下着に関する作品だったので、正直最初は観るのを躊躇していました。

そこまで桐谷美玲のファンというわけでもなかったし、女性下着業界に興味があるわけでもなかったので、なんとなくスルーし続けた後、きっかけは忘れましたが結局観てみたところ、甘太朗の様な強いパンチ力があるわけでも、火花の様に没入していく感覚もなかったものの、すごく、スッキリ、サクッと観られる作品で、全13話という長い作品ながらすぐに観終わってしまいました。

女性下着とか、正直値段帯も知らないですし、もちろん自分で買うことなんか縁遠いわけですが、作品を観る中で業界のことを学び、自分には本来関係ない世界なのにある程度の感情移入と、サクセスストーリーへの思い入れを感じる結果となる良作でした。

ボクは個人的にものつくりの仕事をしているわけではありませんが、主人公に投影させられる部分もあり、この作品も3回くらい観たと思いますが、定期的に観るとなんか元気になります!

  • 就活中の人!
  • 下着に興味がある人(いろんな意味で)
  • 就職したところで、でも「これで良かったのかな?」と悩んでる人!

icon-external-link Netflix作品ページへのリンク
icon-external-link フジテレビ公式サイト

4. 全裸監督(2019)


出ました!超話題作!

去年のマイバースデーに全世界190カ国に配信されたAV監督の自伝を元にした作品。

あらすじ

バブル景気に沸く1980年代の日本。破天荒なAV監督村西とおるが巻き起こすはちゃめちゃな日々と、あるAV女優の出会い−−−。

Leoがオススメする理由

普通に、タブーといえばタブーな世界を山田孝之の怪演で描いた作品。

今や世界中のポルノをスマホで観られる時代ですが、当時の日本ではいわゆる”本番行為”すらご法度だったという40年前のポルノ業界と、その世界で圧倒的な存在感とパワーで駆け抜けたAV監督の姿がとにかくすごい。

自分はあまりポルノに詳しくないため村西監督のことはこの作品が話題になるまで知らなかったわけですが、どんな業界でもトップを駆ける人は何かが違いますよね。

単純にある時期の日本を知る歴史的資料としても面白いし、ポルノ業界で成り上がったパワフルな存在を見て学ぶところ多く、そして、何より、

山田孝之の演技がすごい!

カメレオン俳優という言葉が最近流行っていますが、若かりし頃は「世界の中心で愛を叫ぶ」で純朴な高校生や「ウォーターボーイズ」で青春駆け抜ける高校生も演じ、「ウシジマくん」では無慈悲な金貸し、「勇者ヨシヒコ」では天然丸出しの勇者など様々なキャラクターを常に完璧に演じてきた山田孝之が演じるAV界の王は本人を全く知らないのに、絶対村西さんはこんなだったと思わせる説得力があるし、もう問答無用で世界に引き込まれる魅力があります!!

ちょっと卑猥な描写が多めなので家族団らんで観る感じではありませんが、それこそ配信サービスならではの自分一人でみる感じに最適だと思います!

  • AV業界に興味がある人
  • AV業界に興味がなくても”そういう世界”に興味がある人
  • パワフルで世界を変えるバイタリティあふれる人に刺激を受けたい人
  • 山田孝之フェチな人

ちなみに2ndシーズンの制作も決定してます!

icon-external-link Netflix作品ページへのリンク

次点でオススメの2作品

ここからは、”絶対的な自信を持って”はすすめられないけれど、ボクは結構気に入っているので人は選ぶけどオススメしておこうと思う作品を2つサクッと紹介します!

  • 100万円の女たち(2017)
  • ULTRAMAN(2019)

100万円の女たち(2017)

RADWIMPSの野田洋次郎が主演を務めたドラマはこちらもコミックが原作。テレ東とタッグを組んで作られる作品が目立つNetflixドラマですが、これもそれ。

ひょんなことから5人の訳あり女性と同居することになった主人公の日々を追う形のドラマ。

めっちゃおもろい!ってわけではないけど、好きな人は結構好きかも、という感じのドラマで、一応Netflixオリジナル作品なのでリストに入れました。

ULTRAMAN(2019)

最後の一つだけ、3DCGアニメ作品です。

かつてはウェットスーツみたいなあれに入った役者が演じる怪獣対正義のヒーロードラマを、アニメで、しかもウルトラマンなどのサイズ感を一新した世界観でリブートさせた作品。

ボクらの知る”戦いながら街を壊す”ヒーローは人間と同じサイズになり、新しい定義のウルトラマンが地球を守る姿を描きます!

ボクは結構気に入ったし、続編も作られると聞いていますが、アニメであることやヒーローものであることなどから次点扱いにしました。

総括

  • 有料動画サービスは乱立しているのでどれにするのか迷う人へ!
  • Netflixの魅力は圧倒的な量を誇るオリジナル作品です!
  • そんな中でも日本制作の良作が結構あるので紹介しました!

最近AppleもDisneyも新規でサービスを立ち上げた有料動画配信サービスは群雄割拠!

ボクはNetflixとAmazonプライム・ビデオのユーザーですが、もう一つくらいサービスに加入してもいいかなと思っていて、Disney+に興味がある一方で、国内ドラマを求めるなら「hulu」か「FODオンデマンド」などの国内サービスを見てみるべきか、、、など思案中。

ただ、Netflixの強みであるオリジナル作品が結構良作多しなので、ボクが気に入った作品をまとめてみようと思いました!

次は(もう少し色々見た後)海外作品の中からオススメを紹介しようと思っています!

created by Rinker
新潮社
¥1,980(2020/10/17 00:04:27時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Leo Miyanagaを
Like
LikeLoveHahaWowSadAngry
このブログを書いてる人
Leo

コロナで色々バグった起業家😷
写真家/ブロガー/YouTuberなど色々やってます。愛機はα7III & RX100VII。
シアトル生まれ、大阪育ち→シアトルにも10年以上住んでましたが今は大阪ベース。
このブログではLeoの気になるコトや毎日の色んなコトを記録しています!
詳しいプロフィールはこちら

Leoをフォローする
REVIEW LIFE 映画・VOD
LEO LOG

Comment 気軽にどうぞ!!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました