コロナに負けるな!ステイホームでブログを書きます!

iOS14のウィジット機能で最強化した「FirstSeed Calendar」をご紹介!

こんにちは、iPhone歴10年のLeoです。

iOS史上最大のアップデートといっても過言ではない年次アップデートがあり、新機能、「ウィジット」が追加されましたね!

ウィジットは元は一番左の画面にだけ表示させられる機能として存在していたものですが、従来iPhoneではアプリのアイコンしか置けなかったホーム画面に、機能を割り当てた画面を設置することができるようになったものです。

まあ、Androidではずっと存在していたものなので、Androidユーザーからしたら「今更」なんでしょうけど、iPhoneユーザーとしては、「おお!なんかホーム画面が変わった!」ってやつです。

サクッとウィジットについて説明します

アップデート直後にワクテカで書いた記事があるので、そっちを読んでいただいた方が早いし、もっと専門的なサイト様で見ていただく方が情報量も多いことと思いますが、LEOLOG的にサクッと「ウィジット」について説明しますと、、、

このような感じで、従来、右下の「FaceTime」や「Messages」のようなアイコンだけが並ぶ状態が基本だったiPhone上に、「天気」だったり、「時計」だったり、「カレンダー」など様々なアプリごとの特徴ある機能付き画面がブチ込める様になったわけです。

例えば、上のスクショは、天気のウィジットを2サイズ載せていますが、上のおっきい方は時間ごとの降雨量がグラフで表示されていて、これまでだと天気アプリを起動させてからチェクしていたものがホーム画面で常に更新され、確認できる様になっています。

ウィジット対応の⭕️&❌

以下、ウィジットのいいところ、悪いところです。

GOOD🙆‍♂️
  • ホーム画面のカスタム性が大幅向上
  • うまく設定できれば絶対便利になる
  • Androidより劣っていた点が減った
BAD🙅‍♀️
  • ウィジットは場所をとる
  • 設定の幅が増えたので悩みも増えるかも
  • まだ対応アプリは多くない

いくつかのてんは発展途上という部分が関係しますが、とにかく、カスタマイズ性が増えたのがいいことで、その反面、自分が幸せになるためのカスタマイズが悩ましくなるというのがマイナス面です。

APPLEがこれまでウィジットをやらなかった理由のひとつもここで、アプリを並べるだけの構造が「シンプル」で、多くのユーザーにとって結果的に親切という考え方があったからです。

つまり、今後よきウィジットが登場してくれば、幸せになる人も増える可能性が歩い方、複雑になったことで、

めんどくせーょ

って人とか、

どうしたらベストかわかんなくなっちゃった(汗)

って人なんかも出てきそうだよね、って話です。

もちろん、選択肢として、「今まで通り使う」ってことができるので、ウィジットに手を出さないでいたら問題ないんですがね。

最強カレンダーアプリは、やっぱりこれだった!

さて、そんな中でボクが感激したことがあって、それが、「FirstSeed Calendar」の早期ウィジット対応です!

ウィジット対応はどんどん増えていて、カレンダーアプリでは純正はもちろん、人気有料カレンダーアプリの「Fantastical2」も結構早く対応したし、メールクライアントアプリの「Spark」もカレンダー機能に特化したウィジットでアップデート出してきているので、やっぱりウィジットの恩恵を受けやすいカレンダーは頑張ってるなーという印象です。

それらの中で、とりあえず初期段階での評価ではありますが、ボクは従来から愛用していたFirstSeed Calendarが一番いい感じでウィジってきたと感じました!

What’s FirstSeed Calendar?

カレンダーアプリは実にたくさんのものがあって、ボクも有料アプリをいくつか使ってみたのですが、どれも「これで完全無欠ベストだぜ!」って思えるものはなく、実はいくつかのアプリを併用しています。

そんな中でメインに使っているのがこのFirstSeed Calendarで、iPhone版は最初は無料で使えます。全機能を解放させるためにアプリ内課金

↑こちらはMac用のAppStoreでのカレンダーあれこれですが、無料/有料実にたくさん種類があります。

APPLE純正のカレンダーや、無料で使える「Google Calendar」も有能だと思うので、多くの人はわざわざ有料アプリを買う必要はないかもですが、

今回の記事では、FirstSeed Calendarがアプリ内課金してでも使うべきと思う理由を伝えます!

FistSeed Calenderの素晴らしきところ

かなり高機能なアプリなので詳細を全部語ると長い記事になりすぎるので、今回はウィジット部分を中心に紹介したいと思いますが、ボクが気に入っているところを紹介していきます。

素敵ポイント1:リマインダーが統合されている

これは多くの有料アプリで共通なことなのですが、多くの人が有料カレンダーアプリを買う理由がこれかも知れません。

iPhoneでToDoリストは、「Reminders」という純正アプリで実装済みですが、カレンダーとは別アプリです。

でも、ToDoって食材買いに行く時のお遣いリストならまだしも、「いついつまでが期日」みたいなことが多いので、カレンダー上に統合されている方が断然便利です。

なので、FirstSeedに限らず、多くの有料アプリがカレンダーにリマインダー機能/ToDoリストを統合しています。

裏では?元のソース自体は純正のカレンダーとリマインダーになっているので、それぞれは同期されます。

統合されているので、最初のスクショはリマインダーのみの画面だったものが、カレンダー上にこんな感じで混ざりこみます。スーパー忙しい人なら項目が増えてうっとおしくなるのかも知れませんが、ボク程度の忙しさ(暇さ)ならとてもわかりやすくてありがたきなのです。

素敵ポイント2:月間表記が見やすい

↑こちらは純正カレンダーアプリの月間表記です。普通のカレンダースタイルで1日から末日まで一覧になり、最終週の下に、選択中の日付に対する詳細な予定がリスト表示されます。

これしか知らなければこれで不満ないかもですが、FirstSeedだと前月、翌月がシームレスに表示されます。

FirstSeedの月表示中の画面ですが、分かるでしょうか?30日の次同じ週ですのでその流れで翌月1日が普通に続いています。これが意外とありがたいんです。

これについて、なぜか純正は一段落とすんですよね。。。

実はFirstSeedでも設定で同じように一段落とすか選ぶ項目があるので、この方が見やすい、便利って人がおるんでしょうが、FirstSeedのように選択できるゆとりがある方がよきですし、

そんなことより何より、純正カレンダーでは月間表示にすると日付しか出せなくて、何か予定がある日に「・」がくっつくだけなのに対して、FirstSeedを始め多くの有料アプリを買うと、月間表示にしても様々な予定が掲載される状態で表示になるので圧倒的に便利です。

素敵ポイント3:3日ごと表示がよき

Google Calendarが好きだなって思う点が同じ要素なんですが、スマホが縦長サイズである都合から、週間表示を「7日」でやってしまうと毎日の幅が狭すぎるんですよね。

それで、3日毎っていうのがちょうどいいなって話なんですが、純正カレンダーはそれができませぬ

繰り返しなんですが、ボクのように予定スッカスカの人と、詰め詰めの人でまた話がちやうのやろうなって思いますが、どうです?3日毎って素敵じゃない?予定の多くは全部表示されるだけの横幅は確保されつつ、二日先の予定まで並べて見られるです。

一点、Google Calの方が優れているなと思うのは、次の3日に移動する時、Googleは上のスクショで言えば、18, 19, 20って順にできるんですが、FirstSeedは横にスクロールさせると一気に次の3日がスライドインして、20, 21, 22って状態になるのでそこだけ改良されて欲しいです。

が、この3日表記は、

このように設定で3〜7日に変えられるんです!Googleの方は3か、7日(all week)しか選択肢がないので細かいのがいいところです!

また、

こういうところがさすが有料アプリって感じですが、ボクは3日毎に縦に並ぶ配列を選択していますが、7日表示の場合でも、3+4か、4+3かを選べるの、結構大事な要素かなって思います。

4+3でも、最後の右下の枠にちっさい月間カレンダーを入れるという構図もできるし、週末重視の5+2も用意されていて、ユーザーのライフスタイルや好みに細かく対応しているのは素敵!すぎる!

また、1日の始まりの時間、終わりの時間が設定できるのもよきところ。

先ほど載せた日毎に並ぶリストを何時から載せるかの設定です。24時間ランダムで予定が入る人はこの機能は不要かも知れませんが、基本的に朝8時以降、夜は23時までしか予定入らないよ、みたいな人だと上記のように設定すれば、予定が入らない夜間部分を表示させないようにして、必要な部分だけ表示させられます。

この機能も多くのカレンダーアプリで採用されているのでFirstSeedだけの特別機能ではありませんが、装備されてて嬉しい機能であることは間違いありません。

素敵ポイント4:ウィジットが素敵すぎる

やっと紹介できます!ウィジットの素晴らしさ!

純正カレンダーアプリは、「アプリ4つ分」、「アプリ8つ分」、「アプリ16こ分」という3つのサイズで分けられた3種類のウィジットしか用意されていません。

それに対してFirstSeedは8種類!(Fantasticalは12種類あります)

ウィジットの種類一覧

まとめちゃったのでちょっとちっさいですが、「月間カレンダー」が1ヶ月タイプと2ヶ月タイプ、「本日の予定」がちっさいのと、おっきいの、

そして、「二日分の予定」が中サイズと大サイズ、

さらに「本日の予定+月間カレンダー」と、「本日の予定+ツール」という8種類!

まだ試用中なので定まっていませんがこれだけ色々用意されていると自分に合ったウィジットを得やすいと思うのでグッドです!

曜日で色が変わるのもGood

以下の試用例でちゃんと説明しますが、上のスクショで分かるでしょうか?「本日の予定」の日付と曜日の色が土曜日は青日曜日は赤(祝日も赤になります)と色がついているの?

これ、平日はホワイトなんですね。

ちっさい本日ウィジットは、純正カレンダーのウィジットと見た目はほぼ一緒なんですが、純正は何曜日でも日付色が白のままで、FirstSeedはわかりやすく色が週末色になるのも親切かなって思います!

ウィジット実用例

では、”試用中”ではありますが、ボクがFirstSeedのウィジットをどのように使っているかを紹介します!

上記は今の1ページ目レイアウトです。

最小ウィジットを2つ入れたのでアプリを大幅にレイアウトし直しました。

その中で、右側のウィジットが先に書いた通り、純正カレンダーとFirstSeedで差があるやつです。

純正 vs FirstSeed

右のが純正カレンダーです。

一見同じに見えますが、2点大きく違うところがあって、ひとつは先に書いた通り、曜日ごとに色が変わるか否か、で、もひとつは表示される項目の数も違います

曜日を表す色になることを利点と考えるか、背景が黒であることも合わせ、全部が白抜きである方が見やすいと感じるかは好みでもありますが、なんとなくの印象、純正の方がバランスがよいデザインで、FirstSeedは実用的な方向にシフトしているイメージです。

ただし、純正は前述の通りReminderは組み込まれていないので、表示列数の問題ではなく、このスクショでは「Call Apple」となっているToDoは表示されません

なので、見た目の好みではなく、ボクはFirstSeedに落ち着くだろうと思っています。

3ウィジット比較

せっかくなんで、Fantastical2のウィジットも合わせて見比べてもらいましょう。

一番みぎがFantastical2です。これは大幅に見た目が違いますね。

純正、FirstSeedが時間が項目の下になるのに対し、Fantastical2は時間が上になっていたり、ウィジットに天気が組み込まれていたりしています。また、日付の表記がとてもちっさくなっています。

先ほど書きましたが、Fantastical2は12種類ものウィジットが用意されていて、この小サイズも別のデザインがあります。

その一つがこれです(笑)。どーんと日付だけ表記するタイプですが、これなら純正でいいかなと思います。純正だったら1/4サイズで日付表記されているので(笑)。

でもまあ、各社ウィジット制度解禁に伴い色々試行錯誤してるんだなーというのを感じます。

従来のウィジットエリアにも採用!

ホーム画面にウィジットが追加できるようになったからといって、従来のウィジットエリアがなくなった訳ではありません。

ホーム画面を一番左までスワイプするか、通知画面を開いた後左にスワイプすればウィジットエリアが出てきます。

iOS14未対応のウィジットはちょっとヘンテコな表示になるし、対応済みウィジットより下にしか並べられないのが現状ですが、ボクはここもまだ活用していて、FirstSeedのウィジットももちろん入れています。

今のところ上から3つがこんな感じです。

前からウィジットエリアは、表示方法の差があるため、FirstSeed、Fantastical2、そしてGoogle Calを使っていたのですが、今の時点でGoogle CalはiOS14未対応なので、上に2日分表記のFirstSeed、それにプラスちっさいFantastical2を入れています。

これの理由は、Fantastical2は、当日に予定がない場合、次、一番近い予定を表記してくれるからです。

繰り返し繰り返しですが、スーパー忙しい人には起こらないことと思いますが、

↑こういう状態です。

わかりますか?26日も、27日も予定がないんです。この場合、FirstSeedだけなら二日間予定ないことだけがわかる状態ですが、Fantastical2を入れておくことで、そのさらに先、この場合28日月曜日ですが、なんらかの予定があることがわかります。

このように、FirstSeedは総合力で最強だと感じている一方で、「完璧」ではないので、いくつかのウィジットと協業させて完璧を目指す設置になっています。

まとめ・総括

  • iOS14でiPhoneの世界がガラッと変わった!!
  • FirstSeed Calはいち早くウィジット対応!!
  • そしてそのウィジットが割と神ってる!
  • 色々試してきた有料アプリの中でLeo的最良だと思う!

うーん、

アプリのアップデート後、めっちゃときめいて、すぐ記事にしようとスクショを撮りまくったんですが、記事を書いてみるとうまくまとめられずちょっと消化不良です!

後から大幅書き直すかも知れませんが、とりあえず下手でも書いておこうとした記事になります!

iOS対応はどんどん増えると思うので、今後他のウィジットについて書きたいと思っていますが、カレンダー系は予定とか見せれない部分もあるのでスクショの用意が面倒でした(笑)。

でもせっかく有料アプリ使っているんで、また対応アプリ増えたら追記か新記事で紹介すると思います!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Leo Miyanagaを
Like
LikeLoveHahaWowSadAngry
このブログを書いてる人
Leo

コロナで色々バグった起業家😷
写真家/ブロガー/YouTuberなど色々やってます。愛機はα7III & RX100VII。
シアトル生まれ、大阪育ち→シアトルにも10年以上住んでましたが今は大阪ベース。
このブログではLeoの気になるコトや毎日の色んなコトを記録しています!
詳しいプロフィールはこちら

Leoをフォローする
Good Items REVIEW Gadget
LEO LOG

Comment 気軽にどうぞ!!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました