コロナに負けるな!ステイホームでブログを書きます!

ブラックフライデーセールだったので「車中泊」グッズをあれこれ買った話

先日、車中泊やキャンプ用にポータブル電源がいいなって話を書きましたが、

ブラックフライデーのセールでAmazon中心に車中泊するためのグッズを色々買ったので自己満記事にまとめます!

ブラックフライデー、急に日本に浸透したよな

それなっ

車中泊用に必要なものとは?

ってことで、買い物の話の前に、

Peugeot 2008くらいのコンパクトSUVなどで車中泊するために必要と考えられるアイテムについて少し。

車中泊は普通のその辺の路上ですることはあまり推奨されません。

  • 道の駅
  • パーキングエリア
  • RVパーク

だいたいこれらの場所でなら安心して、そして安全に寝られると思います。道の駅やパーキングエリアによっては車中泊OKという表記が見られるところもあるそうです。

この前提も含め、車中泊に最低限必要と思うアイテムをあげると、、

  • 電源
  • マット
  • 寝袋
  • 扇風機/電気毛布
  • 目隠し(カーテンなど)

これら5つはほぼ必須かなと思います。

電源についてはシガーソケットから得られるんですが、寝るとなるとエンジンは切るので、エンジンを切った状態で電源が必要なものを使うときにあると便利です。

特に寒いとき!4つ目にあげている電気毛布があるとないとでは全然快適さが違うので30W〜40Wの電気を安定して供給できるレベルの、そして寝ている間中電池が切れない容量のポータブル電源が欲しいよねって話です。

これが理由で前回の記事に繋がったわけですが、

車中で寝る時って、前提としてホテルや旅館で寝るより質は下がるはずな中、どれだけ快適に過ごせるかというところに焦点を当てるべきなんですよ!

逆に、質がどうでもいいなら普通に運転席のリクライニングを倒して仮眠レベルの睡眠を得ればそれでいいわけですからね!

ブラックフライデーにゲットした5つのアイテム!

以上の前提を元に、不足しているグッズを買いましたが、すでに持っていたのは、

  • 上質な寝袋
  • コンパクトな扇風機
  • ちょうどいい電気毛布

これら3点。

夏場は扇風機が、冬場は電気毛布が役に立ちますが、両方改めて買う必要はなかった上に、キャンプが好きなのでとってもコンパクトになる、しかし暖かいフェザー/ダウン寝袋を何種類も持っていますので、こちらも買う必要はありませんでした。

ということで、今回買ったのは以下の5アイテム!

  • ポータブル電源
  • 膨らますタイプのシングル用マットレス
  • 充電式LEDランプ
  • サンシェード
  • 車用カーテン

以上の5つをポチりました。

ポータブル電源「P302」

先日の記事でも紹介していたEENOURの「P302」。

80,000mAhの大容量は、以下の通り一般的なスマホで22回分、ノートパソコン5回分充電できるだけのもので、ボクが使いたかった電気毛布は4時間連続使用できるらしいのですが、

電気毛布の想定ワット数が60Wなんですよね。

優秀な寝袋と合わせて使う場合、極寒地での車中泊でなければおそらく20W〜30W程度の出力で快適に寝られるので、単純計算ですが、8〜10時間使えると思われます。

実際この商品のクチコミを見ていると、6〜8時間くらい「中」程度の出力で使って、満タンから2/5程度の残量を残すまでしか電池を消費していないという話がいくつか見られました。

また、1〜2人での車中泊で、寝ている間に充電(給電)しなければならないものってそんなにないはずなんです。MAXで2人分のスマホと、iPad、MacBook各1台、それにデジカメくらいなもんだと思います。

  • iPhone 12 Pro(2,815mAh)
  • iPad Air 4(7,667mAh)
  • MacBook Air 2020(5,100mAh)
  • α7 IIIの電池(2,280mAh)

スマホ、タブレット、ノートパソコン、そしてデジイチという4つのガジェットの電池容量をざっと買いてみました。

これをシンプルにiPhoneだけをx2にして足すと、

20,677mAh

となりました。

これはそれぞれの電池がゼロになっていた場合に100%まで充電するためにこれだけの電力が必要ということです。

スマホ用には他のモバ充も持っていたり、車が動いている時ならシガーや車のUSBから充電もすると思いますので、約20,000というバッテリーを本当に必要とするかはわかりません。

仮に必要だったとしても、80,000mAhの大容量電源があれば数泊サバイブできそうですよね!

電気毛布と併用だと、、、2泊分はないかもですので昼間に充電が必要になります。

ちなみに、この電源は最大100WのPowerDelivery対応なので急速充電もできれば、MacBook Proなどのハイパワーパソコンでも充電可能です!

容量に不安がある方は車移動ですし、もっと大きいモデルを買えばいいと思いますが、上記写真程度のサイズ・重さのこのモデルだったら本当に気軽に持ち回れるのが利点です。

リアルに自宅用の非常用電源ということなら20万mAh以上のタフなやつを買ってもいいかも知れません。

ボクのイメージは、基本アンプラグド、基本電気的なものはなくてもいい、そんな自然の中での生活にちょっとしたエッセンスとして電力を供給できたらいいなという感じです!

また、

本気で電力が心配な方はソーラー充電器を追加するのもありかなって思います!

足踏みでも膨らむエアマット

続いてはこれ!横幅が65cmなので普通のシングルベッド(幅90〜100cm程度)より狭めですが、車中泊では十分なサポートが得られるエアマットです。

気に入ったポイントは、よくある別で用意される膨らませるためのポンプが不要なこと。手で押したり、足で踏むことで数分で膨らみます。

アマゾン価格3,000円弱。

もうちょっと安いものもいろいろ売ってますが、生地が薄いなどクチコミを見てある程度の出費をした方が満足な寝心地を得られるんだろうとこれにしました!

二つ以上あったら繋げられるのもテントで寝るときなどに良さそうです!

created by Rinker
WINDPOWER(ウインドパワー)
¥3,680(2021/03/13 23:37:49時点 Amazon調べ-詳細)

充電式LEDランタン

これも必須ですよね!

iPhoneにも簡易懐中電灯が付いていますが、こいつはマルチに使えて良さそうなので買いました!

①普通のランタンスタイルで室内の灯りとして、

②横に持ったら懐中電灯スタイルに、

③そして変形させるとリーディングライト的に変身、

④さらに必要があればモバイルバッテリー的に使える、

そんなやつです。

色もポータブル電源の差し色とお揃いなので良いかなーと!

セール価格1,500円でしたので割といい買い物だったと思います!

まあバッテリー容量が1,500mAhしかないのでiPhoneを充電してしまうとすぐにバッテリー無くなっちゃいますので4番は本当に緊急充電が必要なときですが!

Carsになるサンシェード

こいつはたまーにビートルとかああいう可愛いっぽい車で見かけますが、自分の愛車をカーズに変えるフロントガラス用のサンシェードです。

普段夏場でもそんな日差しを気にしないのでこういうのを使うことは滅多になかったのですが、次に紹介しる車用の目隠しカーテンでリアガラスと横面をカバーし、これで前面をカバーする狙いで買いました。

色の種類も豊富なんで自分の車の色と合うやつを買うべきですが、うちの2008は赤っぽいオレンジとちょっと色味がずれちゃいます。

でもまあ可愛いので良きとしましょう!安かったし!

目隠しカーテン

安眠に大事なのは「人の目を気にしなくていいこと」もありますよね!

パーキングエリアや道の駅、他の利用者がいるのは大前提です。暗いうちはまだよくても明るくなると人の目が気になりますし、寝る準備の際は着替えることもありますので外からの視線をシャットアウトするのは大事!

99%遮光というこいつは、5枚セットで、ミニバンとかだと後ろの方が片面2枚ずつガラスがあることも多くこれだけでは後ろ側しかカバーできないようですが、

2008だと計算上運転席・助手席の横までカバーできるはずなのでCarsサンシェードと合わせて前面カバーできる予定です!

上のパノラミックガラスルーフが完全遮光じゃないので真っ暗にはできませんが!

総括

以上、

誰が興味あんねん!

とは言わず、ボクの車中泊に向けたアイテム購入記を読んでくださった方、ありがとうございます!

どれもまだ届いてすらないので、

これらを使っての車中泊をした際にしっかりレビューできればと思いますが、まずはブラックフライデーセールを楽しんだので日記的な意味も含めて記事にまとめました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Leo Miyanagaを
Like
LikeLoveHahaWowSadAngry
このブログを書いてる人
Leo

コロナで色々バグった起業家😷
写真家/ブロガー/YouTuberなど色々やってます。愛機はα7III & RX100VII。
シアトル生まれ、大阪育ち→シアトルにも10年以上住んでましたが今は大阪ベース。
このブログではLeoの気になるコトや毎日の色んなコトを記録しています!
詳しいプロフィールはこちら

Leoをフォローする
REVIEW LIFE Car Life
LEO LOG

Comment 気軽にどうぞ!!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました