コロナに負けるな!ステイホームでブログを書きます!

新型「iPad Air」を発売日にゲットできなかった”色問題”!!

こんにちは、iPad歴ほぼ10年のLeoです!

昨日は話題の新型iPad Air発売日でしたね!

発表時にこちらの記事で書いた通り、ボクは”ほぼ”Pro化したこの子を買うことを「確定」していましたが、タイトル通りの”問題”により発売日のゲットは諦めました!

問題ってなんや?たいそうやな。

いや、シンプルに「色」が決められな買ったのだよ!

色?そんな悩むんか?

割と悩むんだよ!!

ってことで、この記事では、色を決められず発売日にiPad Airをゲットできなかったボクの悩みについてサクッとまとめます!

無難に行くか、”遊ぶ”か

かつてのiPod miniやiPod nano時代をご存知の方は共感していただけるのではないかと思うのですが、いろんな色がラインナップされると「選べる自由」が生まれる一方、「決めるのが難しくなる」と言う反作用があります。

上のモデルでボクはパープルを買いましたが、お店に行くまではイエローを買うつもりで、お店で実機を見た時点でレッドに心変わりし、レジ直前でブラックにしようかと浮気し、結果的にパープルにした経緯がありました。

アップルだけではないはずですが、リリースする色を決めるのには長い時間を費やすと思います。なので、出てくる色はどれも魅力的で当然なのですが、そのせいで買う側は悩ましいのです。

無難な色は飽きない(はず)

今回、iPadシリーズとしては初めての5色展開となりました。

これまではシルバー系、ブラック系(スペースグレー)、そしてゴールド系(ほとんどピンクなモデルも含む)の3色しかリリースされなかったiPadに、「グリーン系」「ブルー系」が初めて加わりました。

その中で、「iPad Pro」が採用している2色(上の写真では左の2つ)はやはり「無難」な色で、ビジネスシーンで使っても尖っていないし、そして飽きない(はず)です。

アップル製品といえば、iPodの時も、iPhone時代の今も、ケースを付けることが基本となっていて、「ケースをつけたら筐体色なんか関係ない」と言う考え方もできますよね。

いや、むしろ、ケースを想定するからこそ元の色をシンプルなシルバー系にしておくと言う考え方も正しい気がします。

ほんならシルバーかスペースグレーでええやん

そう思うんだけど!でもね!

せっかくだから….という心理

無難な色で、あとはケースで遊べばいいじゃない、という考えは妥当な気がします。

しかし、

やっぱり今回新しく出た色はきになる!

そういう心理が捨てきれないのですよね!!!!

今回新しく出た色2色は、それぞれ「グリーン」、と「スカイブルー」と名付けられています。どこから見てもピンクに見える真ん中の色は「ローズゴールド」とされていて、一応金色です。このローズゴールドはピンク度合いが変わりつつも過去何年も展開がある色なので、華やかではありますが、新しい色ではありません。

となると「せっかく」を満たすのはグリーンかスカイブルーの2色。

↑これは公式ページの最初に出てくる画像ですが、後ろの色も合わせていわゆる”セールスカラー”かなと思います。その都合からか、予約状況をとある家電量販店に聞いてみたらスカイブルーが一番多かったらしいです。

土曜日に現物チェックに!!

今はパソコンやスマホの画面の精度が上がったとはいえ、やっぱり現物をみたら「あれ、こんな色だったの?」と思うことはまだまだあります。

なので、現物を見るまで買うことを躊躇しました!

発売日の昨日は用事でお店に行けなかったため、本当は買うと決めていた以上発売日にゲットしたい思いは山々だったのですが、今日、発売二日目にアップルストアに行ってきました。

お店で現物をみて、そして買おうと思ったから!

え、入れない、、、、だと??

意気揚々と心斎橋のアップルストアにやってきたわてくし。。。

しかし、なんと、

今回iPhoneの発売日とも重なった都合もあり、そして、新型コロナの影響もあり、入店制限が!!!

ぴえぇぇん!!!!

事前にWebなどから予約していない人は入れないとのこと。

その時点でアトラクションの様に並ぶ列に結構多くの方が並んでいましたが、列は2つあり、予約済み(決済も完了?)で、商品ピックアップに来た人向けの列と、予約なしの人の列なんですが、店員さん曰く、予約なしの人はいつ案内されるかもわからないし、商品をゆっくり見る時間をもらえないということで、、、。

別の用事が控えていたこともあって泣きながら退散。。。。

去年までの様に中国からの転売ヤーはいないと思われますが、発売が遅れたiPhone 12シリーズは結構人気っぽく、発売日翌日でもそんな事態になっていました。

ヨドバシでは確認できた!

梅田に移り、ヨドバシカメラに行ってみると、普通にiPad Air、見れました。

ちゃんと全色展示があり、新世代Airの特徴でもあるMagic Keyboardとの組み合わせでもいくつか展示されていました。

コーナー的にはやっぱりiPhoneの展示スペースが”密”ってて、iPadはそうでもでした。

なんか、思った色じゃないかも….

ボクは、上記の様な思考を巡らせた結果、実機を見る前の決定色は「グリーン」でした。

いくつか理由はありましたが、なんか、一番「ピン」と来ていたのです。

なので、ヨドバシでも一番最初に探したのがグリーン。

でも、ぱっと見の印象で「あれ」って思っちゃったんです。

後から思うと、量販店って通常より蛍光灯がピカピカなので普段の生活で感じる印象と違う可能性も高いのですが、とにかく、ワクワクで手にしたグリーンは最初、思った感じと違ってガッカリしました。

結構優柔不断よな、お前

まあ、決めれない時はたまにある!!けど!

結局選んだ色は??

さて、

そんな感じでお店で実機を見た上で「あれ」っとなってしまったボクが選んだ色はなんだったのでしょう?

結論から言うと、

今日決められなかった!!!!!

わろりwwwwwwww

実は、こちらの記事で書いた通り、ボクはこのAirをMagic Keyboardと、「Smart Folio」で運用する予定です。

Smart Folioの色が悩ませる最大の原因

Smart Folioはアップル純正のiPad用カバーですが、昔iPad用に作られた、通称”風呂の蓋”の様に画面側だけをサポートするタイプではなく、ちゃんと背面もカバーするアクセサリに進化していて、普段用のカバーとしては最適解だと思っています

サードパーティー製でこのタイプがないことはないんですが、多くの他社製ケースは、値段は安くなる(と言うかアップル純正が高すぎる)代わりに、再度までカバーするタイプで、本体の横幅が増えてしまいます

一方、Smart Folioは横面は守備力皆無な代わりにスッキリしています。

このデザインだと落としたらダメージは大きいですが、iPhoneと違いiPadを落とすことはあまり想定できません(過去10年使ってきて落としたことってあったかな?的なレベル)。

なのでボクはとりあえずはこのカバーが使いたいのです。

で、上のスクショはグリーン系なんですが、カバーの色とiPadの色のマッチングが気になるんです!!!!

なのに!!!

ヨドバシには現物がなかったのですよ!!しかも入荷時期が全然読めないと!

上のグリーン、「キプロスグリーン」なる色らしいですが、ボクの好きな色で、このケース欲しいなーって思ったのもグリーンチョイスの理由の一つでした。が、パステル系のグリーンとのマッチングが気になるのに公式ページ上にも組み合わせの写真が全然載ってなくて、いろんなガジェット情報サイトのレビューでもSmart Folioの話はほとんど目にしません。

多分こいつが高すぎるからなんですが、そう、多分あまり買う人いないからなんですけど、、、。

9,350円ですからね。。。

この額出せば、ロジクールのキーボード付きカバーも手が届くレベルなので、、、。

じゃあどうすん?

予約してアップルストアに行きますwwwww

まとめ

ということで、これまで、

「iPod nano(初代)」、「iPhone 5」、「Apple Watch(初代)」などなど、発売日当日のゲット経験もそれなりにあるわてくし初のiPad初日ゲットは叶わず、

月曜日にアップルストアの予約をしてiPadとSmart Folioの実物を組み合わせまくって納得の色を選ぶことになりました。

23日の発売が発表された当初、金曜日にワクテカで商品が届いて、週末触りまくってレビュー記事書きまくる予定だったんですが、残念ながらファーストインプレッションですら週明けになってしまします。。!

でもまあ、逆にいうとSmart Folioの話はネット上に少ないのでレビューできたら誰かの役に立つのではないかと思うので早めに載せられればと思います!

以上!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Leo Miyanagaを
Like
LikeLoveHahaWowSadAngry
このブログを書いてる人
Leo

コロナで色々バグった起業家😷
写真家/ブロガー/YouTuberなど色々やってます。愛機はα7III & RX100VII。
シアトル生まれ、大阪育ち→シアトルにも10年以上住んでましたが今は大阪ベース。
このブログではLeoの気になるコトや毎日の色んなコトを記録しています!
詳しいプロフィールはこちら

Leoをフォローする
Gadget
LEO LOG

Comment 気軽にどうぞ!!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました