【USJ】「ユニバーサル・クール・ジャパン 2017」速攻レビュー!Vol. 2【エヴァ&シン・ゴジラ編】

この記事は約844秒で読めます。

シェアしてねっ!

LOG-170122USJ01

3年目の「ユニバーサル・クール・ジャパン」は新たに「シン・ゴジラ」「コナン」を迎えさらなる盛り上がりを見せています!

前回までは、「進撃の巨人」にスポットを当てましたが、今回は「エヴァンゲリオン」と、「シン・ゴジラ」についてまとめてみました!

「ゴジラ・ザ・リアル 4-D」レビュー

今年初登場の「シン・ゴジラ」アトラクションは、4Dシアターを利用したタイプのものになりました。

午前は進撃、午後はゴジラ、と入れ替わり制となっています。

4Dを体験したことがある方なら大体わかる通り、3Dグラスをつけて映画の様に大画面を観るスタイルのアトラクションで、立体的な映像と、大音響に加え、風や水しぶきという触覚に刺激を受けながら5感のほとんどを使って楽しみます。

*[以下、内容ネタバレ注意]*

ストーリー

物語は大阪が舞台!

映画では東京が壊滅的被害を受けますが、大阪の民にとってはどーでもいい話。いや、むしろ東京が滅んでざまあと思っている人もいた(ry

そこはさすがUSJ。舞台を大阪にすることで観客の盛り上がりを促します。

例の待機部屋には「巨大不明生物特設航空部隊」とでも訳せばいいのでしょうか?「Anti Massive Unidentified Animal Special Task Air Force」と書かれたロゴが浮かびます。

謎の巨大生物=ゴジラが梅田に現れ、殲滅部隊の一員となった自分(観客)は迎撃に向かいます。

見慣れた梅田の街から始まり、ミナミも登場。

最終的にはUSJにてゴジラ対人類の頂上決戦となります!

体験しての感想

この公式サイトにあるイメージは、まあまあそんな感じです。

実際にゴジラがいたら、一番怖いのはしっぽなんじゃないかなーと感じました。

ぶおんぶおん振り回されるしっぽにいつ当たるんじゃないかとヒヤヒヤしました。

世界のゴジラですから、映画「シン・ゴジラ」を観ていない方でも楽しめると思いますが、やっぱりあの映画での緊張感、実際にこういう生物が現れた時に日本がどの様な対応になるか、などを知った上で見る方がより楽しめるかなと思いました。

まだ観ていない人はユニバに行く前にチェック!

「エヴァンゲリオン XRライド」レビュー

昨年までは4Dシアターでの開催だった「エヴァンゲリオン」は、今年から「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」をXRライド特別仕様での開催となりました。

去年「きゃりーぱみゅぱみゅ」で好評だった、大きなゴーグル型ヘッドギアをつけて、360度視野の擬似映像と、屋内コースターの動きがリンクしたリアルな体験型アトラクションをエヴァ仕様にした感じですね!

このヘッドギアは最近ではPS4でも導入されたり、スマホメーカーも参入が目立ったりと話題のVR技術を駆使したもので、最先端技術と人気コンテンツのコラボという今のトレンドを追いたい人にとってもマストトライなものですね。

並んでいる最中に流れる映像にも「INTERFACE VISOR」(インターフェース・バイザー)というネーミングでゴーグルが紹介されています。

赤くて、暗くて読みにくいですが、館内に入ると「機密」と書かれたゴーグルの使い方等説明された資料が手渡されます。外国語も書かれていました。

これがしっかり着けられていないと楽しみが激減するので重要ポイントです。

平常運行時のスペース・ファンタジーをご存知の方はエヴァ仕様になっていると気づくと思いますが、館内はずっと赤くなっていて、緊急事態感とエヴァの世界感が演出されています。

エヴァファンならテンションが上がる様な映像が色々流れますが、知らない人にも、とりあえず緊急事態発生中だということは伝わる感じになっていますね。

*[以下、内容ネタバレ注意]*

乗ってみての感想

要するにこういう状態で楽しむのですが、自分からの視界は、使徒が攻めてきた戦場を専用車両で駆け抜ける感じの内容で、目の前に現れる原寸大(に見える)使徒や、交戦するエヴァンゲリオンに「おおおおおお!!」。。。というよりもやっぱりボクはあの独特の、擬似映像xくるくる、ビュイーンという状況に三半規管がやられてしまいました。

酔わない人にとってはとっても楽しいのでしょうが、ボクはきゃりーバージョンの時もそうでしたが、もう、リバース感との戦いで、使徒との戦いに集中できずでした。

しかし、擬似的にリアルな使徒、エヴァを目の前にする興奮はファンならずともきっと感動する最新のVR技術を駆使した素晴らしい体験型アトラクションだと思います!

ユニバ限定グッズたち

進撃のグッズは量がすごくて、ファンは散財だろう、と書きましたが、エヴァやゴジラのグッズもたくさんありました!一部を紹介しますね。

シン・ゴジラグッズ

まずはコレーーー!

見た瞬間「買いだ!」と思ったんですが!!!!

なんとお値段3,500円!!!!

oh…まじかよ。

実はボクは大のゴジラファンでして、過去のゴジラソフビを集めていたんですよね。

あいつら、1,000円くらいだった気がするんだけど…。

3,500円はちょっと無理でした。

いやーこれいいですねえ!

ジョーズやティラノサウルスなど常設アトラクションものも人気の巨大帽子。

別で紹介した進撃のバージョン(超大型巨人型)もありますが、ゴジラもいいね!

でも、この帽子を買っちゃうと、こちらの「しっぽ」も欲しくなる!

それぞれ、帽子=3,200円、しっぽ=2,500円なので合わせると5,700円!

しかも、帽子側の後ろにちっこいしっぽが付いているので、しっぽが重複しちゃう感じになるのでちょっと悩みもの。

ま、こういう小物で済ますのがベターなのかなーってところですね、結局。

グッズ扱いかわかりませんが、パーク内お馴染みの「キャラマン」もありましたよ。

その名も「ゴジラのあしあとまん」!

黒ごま坦々味噌という中華風の味付けで、中華まんらしい感じになっていますが、ゴジラのあしあととの関連性は謎です。そして550円とまあまあ高級(551の豚まん3つで510円だからなぁ)。

エヴァグッズ

エヴァのTシャツはそれらしいけど、普通に街中で着てたらオタク感やばい。

お揃いっぽいスマホケースも。

マグカップは結構いいデザイン!2個セットで1,800円。

ATフィールド感がかっこいい。クッキー18枚入りで2,000円。

ちょっと急いでいたのか、エヴァグッズの写真が少なくて申し訳ない!

ゴジラとは違って、エヴァはポップコーンバケツが設定されていました!写真には写っていませんが、エントリープラグ型のドリンク2,400円もあります。

初号機と、2号機のポップコーンバケツは、ポップコーン付きで3,980円。

この写真ではわかりにくいですが、2号機、ガオーーーって口が開きます!

限定グッズ値段まとめ

シン・ゴジラ

  • かぶりもの帽子:3,200円
  • しっぽ:2,500円
  • Tシャツ:3,400円
  • ソフビ:3,500円
  • ミニ人形キーチェーン:1,800円
  • チャーム:1,100円

エヴァンゲリオン

  • 警戒Tシャツ:3,400円
  • スマホケース:2,300円
  • マグカップ(2個):1,800円
  • ATフィールドクッキー:2,000円
  • ポップコーンバケツ(ポップコーン付き):3,980円
  • エントリープラグ型ドリンク:2,400円

まとめ

3年目の「エヴァンゲリオン」と、初登場の「シン・ゴジラ」、ともに日本が世界に誇る「MADE IN JAPAN」なコンテンツです。

USJが映画のテーマパークということを考えても実写映画であるゴジラの仲間入りはきゃりーぱみゅぱみゅより意義深い気もしました(きゃりーが嫌いなわけじゃないよ!)。

現在ゴジラはハリウッド版の続編話があり、同じく巨大生物ものとして復活する「キングコング」はアメリカのユニバで乗りましたが実に楽しいアトラクションだったので、今後常設ライドとして加えられたらいいなーとか思ったりしましたが、今はこの春登場のミニオンパークと、2020年登場予定のNINTENDOエリアに専念でしょうかね?

アメリカユニバには「ウオーキング・デッド」もできて、USJにはないアトラクションが楽しそうですが、逆に日本にしかないアトラクションやエリアも今後どんどん増やして欲しいですね。

その上で「クール・ジャパン」な、日本が世界に誇るコンテンツの採用はより力を入れて考えていただきたいなと思いました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る