ギャラリーをHALLOWEEN装飾しました〜!

この記事は約323秒で読めます。

シェアしてねっ!

exs-blog-161011top

EXS大阪オフィスも入っている、「Leo Miyanaga Gallery」をハロウィンデコレーションしました!

装飾グッズのほとんどはアメリカから買ってきたものですが、今は日本でも色々手に入るのでそこまで物珍しさはないかも知れませんね。でも、それなりの飾り付けをしているのでギャラリー前を通る人たちが「おぉ!!」となってくれるのはやりがいがあります。

それではどんな飾り付けをしているか紹介しましょう。

バルーンタイプの装飾グッズたち

小さな扇風機で空気を送り続けて大きいサイズの装飾を実現するバルーンタイプの飾り付けは気軽にそこそこの規模のデコレーションができるのでお気に入りです。

exs-blog-161011a

今年追加したのは、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)でも大人気の「ミニオン」がドラキュラに扮するもの。150cmくらいあります。

exs-blog-161011b

こちらは去年からあるミイラ男。「HAPPY HALLOWEEN」のバナーを持っています。

exs-blog-161011c

こちらも今年買ってきた「Jack-o’- Lantern」(ジャック・オ・ランタン)二段タイプ。ハロウィン装飾に「Jack-o’- Lantern」は必須です。

exs-blog-161011e

3つ並んだらこんな感じ。魔女のものもあったのですが、壊れちゃいました(泣)。

電飾タイプの装飾もいろいろ

クリスマス飾りでは電飾を使うのは一般的ですが、ハロウィンライトアップでも色々使います。

exs-blog-161011g

ギャラリー前の花壇には、クリスマスツリーに巻きついけるような小さいタイプの電飾を這わせて全体的にキラキラさせます。オレンジのライト色でハロウィン感を演出。

exs-blog-161011h

花壇(土)にさせるタイプの「Jack-o’- Lantern」型ライトでさらに華やかに。

exs-blog-161011j

入口上の窓にもこぶし大の「Jack-o’- Lantern」型ライトを並べます。

exs-blog-161011i

こちらはゴースト型のランタン。日本で言うところの提灯の様な構造で使わない時期は思うより小さくしまっておけます。

exs-blog-161011n

ゴーストはカーテンを閉めた時もこうして外をのぞいている風に飾って不気味(?)さを演出。

ギャラリー内にもいろいろ

外だけでなく、ギャラリー内にもいろいろ飾ってますよ!

exs-blog-161011d

こちら手前はキャンドルホルダー(火は入れません)。奥は3段タイプの電飾。さっきのゴーストタイプと同じ提灯的構造。

exs-blog-161011m

これはキャベツくらいの大きさのライト。夜中もずっとつけてます。

exs-blog-161011k

ボクが好きでコレクションしている「ty(ティーワイ)」社製の「Beanie Babies」のハロウィンモデルたち。これくらいの数並べると可愛いでしょ?

exs-blog-161011l

ギャラリーにお越しの方にはハロウィンバージョンの”Candy”(ほとんどチョコレート)を差し上げています(GODIVAもあるよ!)。

全体像とまとめ

exs-blog-161011f

といことで、外から見た全体像はこんな感じ。

正直どれくらい電気代がかかっているかわかんないけど、アメリカの家でも毎年これ以上の規模の装飾をしていたし、「ホリデーシーズンが来たな!」って言う気分が高まるこの装飾はやるのも楽しいし、さっきも書いた通り道ゆく人が反応してくれるのが嬉しいからこれからも毎年やりたいと思います。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください〜👋

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る