【ご注意!】コスモウォーターとお掃除ロボのセットが”0円”という飛び込み営業が嘘ばっかりだった【詐欺まがい】

この記事は約748秒で読めます。

シェアしてねっ!

飛び込み営業、ボクも経験はあります。

心が折れるものですが、それも仕事です。それが自分の仕事ならやらなくてはいけないことなのですが、つい今しがたその飛び込み営業の男性がオフィスにやってきました。

「0円」の文字が躍る案内

突然やってきた男性が売るものは、

「自動掃除ロボ」と「ウォーターサーバー」のセット。

実はついこの間、iRobotをはじめとする自動お掃除ロボを買おうかなと考えていて、しかも、オフィスにウォーターサーバーを置こうか悩んでいた自分にとってまさにタイムリーな話だったのです。

(ホームページをスクショ)

名前も名乗らぬ男性から渡されたA4プラスチックケースに入れられた案内に書かれていたのは「無料で自動掃除ロボをあげます」という話。

無料は怪しい。

これ基本ですが、あまりにタイムリーな話だったので内容を聞きました。

概要をまとめると、

  • 自動掃除ロボはあげます
  • ウォーターサーバーはレンタルだが維持費は無料
  • 水だけは購入しなければならない
  • 水は最長でも21日に2本買わなくてはならない
  • 1本12リットル入りで1,500円(+税)
  • 最初の2本は差し上げます
  • 2年契約で、それより前に解約の場合”送料”として14,000円(+税)かかる

こんな感じです。

後からホームページを調べましたが、同様のキャンペーンはやっていましたが、口頭では、「こうして訪問させていただき、お会いした人だけへの特別なキャンペーンです」とのこと。すでに嘘1です。

こうしたウォーターサーバーのPRはネットでも見かけますし、ショッピングモールやヨドバシカメラでも頻繁に見かけますよね?

サーバー維持費はタダだよ、とどこもやっています。

ただ、そのカラクリは、定期的に水を買わなければいけないという契約にあって、水をたくさん消費する人はいいですが、そうじゃない人にとってはちょっと大きな負担です。なにせ、だいたい1本12リットルですからね。

なので、「全部0円なんです」と何回言われても、鵜呑みにできずにいました。

この営業マンの嘘

繰り返しますが、飛び込み営業はタフです。

しかし、だからと言って、都合よく嘘で騙すのは悪です。

この営業マンが吐いた嘘は、いわば企業の姿勢ですから、しっかり記録したくて今回の記事にしているところはあります。

嘘 1 & 2: 発売前の製品だから

自動掃除ロボを無料でくれる理由を、「発売前の商品で、使ってもらうことで口コミなどの効果を狙っているから」と説明していました。

普通にアマゾンで売っていました。今注文したら、明日に届くんですね。

しかも、提示された資料では32,400円と書かれていましたが、普通に11,980円でアマゾンで買えます。

登録情報もこの通り2014年です。

次機種が、という可能性も考えられるのですが、口頭説明では「自社として初めて作ることになったので、頑張っている」ということだったので、次機種説は消えます。

大嘘x3です(発売前という話と掃除ロボの値段)。

嘘その3: 水はキャンセル無料

続いての嘘ですが、こういうのを始めるのに躊躇していた理由の一つが、自分がどれだけの水を消費するかわからない点でした。

通常のルールでは最低でも3週間ごとに24リットルの水が来るし、3,240円の出費になるため、それ以上消費する予定があるかどうかが問題ですよね?それが読めないから、悩ましかったのです。

で、聞きました。

「これって、水いらなかったらどうしますか?」と。

すると、「フリーダイアルに電話で無料でキャンセルできます」とのこと。

なので、

「じゃあ、キャンセルし続ければ実質2年間無料で維持できるんですね?」

と聞いてみたら、

「はい」でした。

しかし、後から見せられた書類上にあったのは、

1ヶ月以上水を買わない期間があると800円(+税)の休止費用がかかる

とのルール。

え、嘘やん。

実質2年間無料、嘘やん。

でした。

嘘その4: 初期費用完全無料の嘘

初期費用無料を謳うサービスは結構色々あります。

その後気に入ったら月額会費を払って続けるようなサービスです。

ありますよね?

ジムとか、なんとか教室とかそういう類に多い気がします。

で、このウォーターサーバーも、水を買う未来が待っているものの、最初に掃除ロボは無料でくれて、サーバー維持費もかからないということで、初期費用無料をアピールしてきました。

しかし、どうもおかしな説明が。

サーバーも掃除ロボもヤマト運輸から届くそうですが、別口だそうです。

で、サーバーは無料配送だが、掃除ロボに送料2,000円(税込みか抜きか忘れました)がかかると!

え?

ええ?

お金かかるやん、普通に

完全無料とか、どの口が言うてるのか。

で、その言い訳?として、

「ここだけヤマトの都合でそうなってしまうので、自社努力として、初回の水を差し上げています」

という説明でした。

ヤマトに聞いたろかな?

嘘にしか聞こえませんでしたが、その水代っていうのが3,000円(+税)なので、むしろ1,000円以上多くカバーしてまっせ、というニュアンスで言われましたが、最初に「最初の水も無料です!」とアピールしていた時には何も言ってこなかったのが胡散臭さ100%です。

A4資料にも、「初回2本無料!」みたいな謳い文句はあったものの、その代わり、掃除ロボの送料は払ってね、とはありませんでしたからね。

詐欺とまでは言えないが、悪意のある売り手だ

さて、その意味不明な送料がかかる話と、800円の休止手数料云々のくだりで、ボクはもう、

「あなた嘘ばっかりなんでもういいです」

と追い返してしまいました。

なので、他にも色々あらがあるのかどうかは正直わかりません。

それなりに契約した人がいることを匂わせる、手書きの名前リストを持っていらしたので、契約してしまった人もいらっしゃるのだと思いました。

しかし、ボクはこういううまい話系はいつも懐疑的なんで、話を聞きながらもネットで検索していました。

するといいことも出てきますが、怪しいなという思いを裏付けるような話もたくさん出てきました。

今回提示された条件で得する人はきっといます。

ですが、「初期費用は完全に無料」だとか、「本気を出せば0円維持が可能だ」とかそういう明らかな嘘をばらまいて顧客確保するのって、詐欺まがいだと、ボクは思います。

悪意のある営業は、仮にお得な商品だったり、水も美味しかったとしても、、、ちょっと企業姿勢として、関わりたくないなぁってボクは思ってしまいます。

まとめ

  • 「自動掃除ロボあげる!」という飛び込み営業が来た!
  • まさに買おうと思っていたし、ウォーターサーバーも検討していたので反応した!
  • しかし、大ウソがいっぱいと発覚して拒絶!

繰り返しますが、今回のオファーで得する人もいると思います。

しかし、競合他社と比べたらそうでもなかったという人も多いと思いますし、色々な嘘とか、カラクリがあって、それを精査する時間も与えられないままに契約していますと、いわゆる「情弱」状態になってしまうことがあるのではないかと思います。

ボクはその「情弱」になりたくないので色々細かいところまで聞き、契約書類も見せてもらった上で回避という選択に至りました。

こういう詐欺まがいの営業って過去にも何度か受けたことがありますが、総じて言えることはこれ!

うまい話は疑う以外選択肢なし

そんなに簡単に美味しい話にありつけることはそうそうありません!

こういう案件に引っかかったことがある方も、ない方も、今回の記事を参考に今後嫌な思いをすることがなければいいなと思い、記事にしてみました。

参考になれば、幸いです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る