MacBookをもっと便利にする「PowerUp」:クラウドファンディングのIndiegogoで初めて”投資”してみた!

この記事は約656秒で読めます。

シェアしてねっ!

クラウドファンディングの「INDIEGOGO」で、ちょっと魅力的なアイテムがファンド募集中だったので初めて”投資”してみました!

アイテムの名前は「PowerUp」

何をする道具かというと、USB Type-Cしか搭載しないアップルの「MacBook」をもっと便利にしようというもの。

充電器兼USBハブ

それではどんなものか、開発元の「Homey」が紹介している動画をどうぞ。

こんな感じで、元々MacBookについて来る充電器を置き換えて使うもので、充電器ケーブル兼3つのUSBハブになるというもの。

使うときの想定イメージはこんな感じ。

USBメモリーやスマホの充電ケーブルを使ってもすっきりシンプルという感じのアピール。

あるとき〜、ないとき〜の比較図。まあ確かに、Bluetoothじゃない無線マウスや外付けHDDなどをつなぐとこれくらいごちゃつく可能性があるMacBookですが(写真は正確にはMacBook Pro)、元のUSB Type-Cポートから1本で繋げられる様になるのは悪くなさそうです。

USB接続が多いという人には良さそう。

本体は、MacBook ProについているタイプのACアダプターとほぼ同じくらいのサイズながら、3ポートのUSBハブが備わる設計で、ケーブルも片方は本体に収納できます。

スペック

Power Input: 1 x AC inlet
Integrated Connectors: 1 x USB-C 3.1 cable; 3 x USB-A 3.0 ports
Voltage: 72W
Data Bandwidth: 5 Gb/s
Weight: 210 grams / 7.4 oz.
Dimensions: 8.2 cm x 8.2 cm x 2.9 cm
Available Colors: White, Black

データ転送が5 GB/秒となかなか高速で、MacBook用のため72Wとワット数のデカさから、iPhoneやスマホが従来のUSBアダプターを介しての充電より速くできるのがひとつ目に留まるポイントに思います。

主張では、「2X FASTER」、つまり、二倍の速さで充電できるとのこと。

誇大広告に感じる部分も

一見して、「いいね!」と思ったガジェットでしたが、「ん?」と思ったことも。

このGIF画像で左側に並びまくるのが色々な充電器や接続ケーブルですが、あたかもこの全てがPowerUp1台でこなせるかの様にアピールしています。

上の全てを足すと$223にもなるところを、PowerUp1台で済むため、$69で済むという話ですが、ほんまかいな?と。

まずこれらの内訳を見てみようと思うのですが、、、

  1. USB-C to USB Adapter: $19 x3
  2. Lightning to USB Cable (1 m): $19 x2
  3. 12W USB Power Adapter: $19 x2
  4. 5W USB Power Adapter: $19 x1
  5. Apple Watch Magnetic Charging Cable (1 m): $29 x1

動画では合計$153となっていて、こちらの写真では$223と$70も差があるのでわかりにくいものの、動画や写真を検証するに、上記のものが並べられていますが、これを合計すると、$181とちょっと正確には一致しません。

とはいえ、何が誇大広告かというと、、、

例えば、Lightningケーブルって、PowerUpには付属しないため、どっちみち用意しなくてはなりませんし、「Apple Watch」用のケーブルも同様です。

もちろん、これらは本体について来るので別で買う必要はないですが、それを別途購入品の費用として計上していること、そして、PowerUpを導入すれば、持ち運び時に減る道具としてApple Watch用ケーブルやLightningケーブルも含まれるという考えでいるならちょっと言い過ぎだろ!という気がしました。

こっちの画像の説明はまあ、間違いではありませんが。

とはいえ

とはいえ、約2年前にMacBookを買ってからもう手放せなくなった道具であるMacBookを使うにあたり、なかなか悪くない道具だというイメージは消え失せたわけではありませんので、買ってみましたよ。

ボクはUSB Type-Cから普通のUSBに変換するものは純正品を2つ持っていますし、類似品で数千円で買えるハブタイプのものはいろいろ出ていますが、このPowerUpの特徴は、電源ケーブルを兼ねるというところだと思います。MacBookの電源ケーブルは別で買うとアダプター5,200円とケーブル2,200円の合計7,400円もするので、製品前のEarly Birdで7,000〜8,000円くらいでゲットできるなら、サブアダプターを買うくらいのノリでハブ機能付きのものがゲットできる感覚になるので、ボクは総合的に「あり」だと捉えました。

まとめ

  • 充電器兼ハブのコンパクト設計
  • 72WのパワフルさでiPhoneも2倍速充電
  • クラウドファンディングならではの先買いのお得感

今回のPowerUpゲットにまつわるチェックポイントはこんな感じでしょうか?

クラウドファンディングなので投資総額が目標額に達しなかった場合製品化はお流れになりますが、すでに800%の出資を集めているので製品化は決定済みです。

お色は2色で限定数の2個口投資で1つあたりが半額の$64.5(今のレートで7,000円くらい)になります。2個もいらないと思うかもしれませんが、人気商品になれば9,000円とか10,000円とかでも売り飛ばせると思います。日本国内あてなら個数に関わらず送料は無料です。

下記の通り色々な投資額があって、ボクは「Family Pack」にしてみました。5個セットで、製品化のあかつきには1つ$129で売り出される予定のところ、1つあたり約$50でゲットできるお得パックです。

あと22日ファンドを募っているので、興味ある方は1個からでも買えるので”投資”してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る