来春日本上陸のプジョー、新型「3008」が先行プレビュー【パンフレット付き!】

この記事は約621秒で読めます。

シェアしてねっ!

log-161206-peugeto3008top

少し前にプジョーの「2008」というモデルに興味がある話を書きましたが、来春上位モデルに当たる「3008」が日本上陸という話題が出てきたので今日のネタはそちらに。

 icon-arrow-circle-right 試乗してきた記事はこちら

プジョーは2017年に4モデルのSUV車をラインナップさせると言っているそうですが、その中でも一番”攻守のバランス”が取れているかも知れないCセグメントのクロスオーバーモデルがこの「3008」となります。

そんな新型「3008」の中でボクが気になるポイントは以下の3点。

  1. ルックスが圧倒的にSUVへと進化
  2. プジョーの”くせに”最新装備満載
  3. プジョーSUV車で初のディーゼル搭載

ということで、それぞれのポイントを紹介していきましょう。

初代からガラりと変わったルックス

log-161206-peugeto3008-05

先代モデルとなる現行の「3008」はどちらかというとミニバンやMPVに近いスタイルだったのに対し、このモデルチェンジでガラッと印象が変わり、まさしく「SUV!」というデザインになりました。

log-161206-peugeto3008-02

初代はこんなんでした

プジョー本社があるフランスを含む欧州では今SUVが大人気だそうですが、その人気にしっかり合わせて戦略的モデルチェンジとしているのが容易に感じ取れます。

プラットフォームが「308」に採用された「EMP2」というものに更新されてはいるものの全長が少し伸びた以外はほぼ同じサイズとなりますので、ルックスに大きな変更がなされても同じ車名、同じモデルの更新という扱いです。

log-161206-peugeto3008-04

「2008」の後だし”SUV感”アップデートではなく、1からSUVとしてデザインされた「3008」のエクステリアはため息が出る存在感、かっこよさが光ります。

log-161206-peugeto3008-06

後ろ姿もSUVらしさとアーバンらしさを感じるスマートなデザイン。

プジョーにしては最新装備いっぱい

ここまで一番気になっていた新型「2008」は顔こそSUVらしさが増し、コンパクトSUVとしてのサイズ感やプジョーらしいかっこいい外観とインテリアはとても魅力的ながら、例えば未だにキーを差し込むタイプであったり、デザインとはいうもののサイドブレーキが大きなレバータイプだったりと、そこそこのお値段を支払ってゲットする最新車種にしては装備が10年くらい遅れている印象です。

今でこそ6速オートマも増えてきましたが、結構最近まで4速が主流だった気もするし、プジョーってどちらかというと装備が遅れているブランドかな、と思う中、今回の新型「3008」は他社と比べても最新装備が色々と盛り込まれているなと感じさせます。

i-Cockpit

log-161206-peugeto3008-03

その一つがプジョー的にも推しポイントであろうこの「i-Cockpit」です。

最近のプジョー車は小径ステアリングを採用して、レッグスペースを増やすと共にハンドルの上からメーターを見るというスタイルを推し進めています。

新型「3008」もその流れを汲みつつ、メーター部分が12.3インチのフルデジタルに変更され、メーターはもちろん、ナビ画面やクルコンのステータスなどを美しく表示してくれます。

こちらの動画でわかりやすく紹介されています
こういうのはAudiとか他の高級車でもどんどん始まっていますが、プジョーがいち早く採用したのに正直驚いたし、すごくかっこいいUIに欲しくなってしまいました。

他にも、「スマートキー」(ボタンプッシュでエンジンスタート)はもちろんですし、オープンタイプのガラスルーフや、前方をモニタリングして危険時に自動でブレーキを作動させる「アクティブセーフティブレーキ」、前方車両を追いかけるタイプの新しいクルコン、「アクティブクルーズコントロール」、車線離脱管理の「レーンキープアシスト」など最新トレンド装備は網羅してきました。

好評の2.0リッター「Blue HDi」

log-161206-peugeto3008-07

マツダ「CX-5」の功績で日本でも「ディーゼルっていいんだ」という認識が広がりましたが、「CX-3」ではディーゼル設定のみとなるなど、クロスオーバーSUVでの”ディーゼルがいい”風潮が広まっています。

最近ではBMWの「X1」にもディーゼル設定が登場し、欧州メーカーディーゼル導入が加速。「コンパクトSUV x ディーゼル」の流れにありますが、非常に評判高いプジョーのディーゼル、「Blue HDi」の導入は嬉しい話です。

エンジンは2.0リッターの「Blue HDi」と、1.6リッターのガソリンエンジン。前者は4気筒ターボで最大180馬力、後者は最大165馬力の同じく4気筒ターボ。

ボクも「308」でプジョーのディーゼルを試乗しましたが、評判通り静かな割に低速からパワーを感じる良さそうなエンジンだったので期待です。

価格は?

現行モデルは349万円からですが、新型「3008」では価格がグンと上がる様です。

ガソリン車が300万円代後半、ディーゼル車になると400万円代前半となるらしく、欧州プレミアムブランドに近い価格設定となるみたいです。

ナビの値段や、オープンガラスルーフトップがオプションなのかとか諸々で価格はさらに変わってくると思いますので、ディーゼル車で減免されたとしても乗り出し500万円近くなりそうです。

パンフレットも先行入手しました!

プジョーに行った時パンフレットももらえました!プジョーがメインで売りたい車種感が感じられますね!

写真で紹介します。

log-161206peugeot3008panf01

表紙はダークスカイと、セールスカラーの「メタリック・コッパー」。力強いイメージで訴求していく様です。

log-161206peugeot3008panf05

「BEYOND THE SUV」と書かれた初ページ。同じくダークスカイ。

log-161206peugeot3008panf09

前と後ろのデザインから紹介。

log-161206peugeot3008panf13

続いて「i-Cockpit」中心のインテリア。

log-161206peugeot3008panf17

2種類のエンジンが用意されます。

log-161206peugeot3008panf25

log-161206peugeot3008panf29

アドバンスドグリップコントロール。

log-161206peugeot3008panf25

インテリアもこだわりのクオリティ。

log-161206peugeot3008panf33

流行りの足でピットやって自動で開けるテールゲート。

log-161206peugeot3008panf37

カラーは全7色。アマゾナイト・グレーとか、SUVっぽい色がラインナップ。

総括

乗り出し価格が500万円近くになりそうなプレミアムSUVとなる新型「3008」。

「2008」は初代フェイスの分が中古市場にぼちぼち出てて、乗り出し価格200万円を切る低走行距離のものもあるのでとりあえずプジョーのSUVに乗ってみたいという感覚ならまずは「2008」からというのも頭によぎりますが、特に急いでない場合は新型「3008」のお披露目を待ちたいところです。

そんな希望にいち早く応えるかの様にプジョーでは全国15カ所のプジョーディーラーを行脚する「NEW SUV PEUGEOT 3008 AMPLIFIED EXPERIENCE TOUR」なるイベントを開催していて、運が良ければ結構早くに地元のディーラーにて新型「3008」を見ることができそうです。

NEW SUV PEUGEOT 3008 AMPLIFILED EXPERIENCE
NEW SUV PEUGEOT 3008をいち早くご覧頂きたく、全国のプジョーディーラー15拠点を新しくなった3008がツアーいたします。この特別な機会に、ぜひご来場ください。

残念ながら関西は後の方なので、大阪だと3月初旬まで回ってこないみたいですが、気長に待っていようと思います!

関連リンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る