「第6回 カレーEXPO in 万博」に行ってみた!

この記事は約647秒で読めます。

シェアしてねっ!

ゴールデンウィーク、10連休って結局誰が一番得したんでしょう?

10連休もあると会社によってはそれだけの間完全に誰も参加しないということ、不可能な気もしますし、販売系の方はむしろ連勤なのでは?という感じでしたが、ボクは曖昧な立場にいる存在なので結局ゴールデンウィークらしいことはそんなにできず。というかせず?でした。

そんな中たった一つだけやったGWらしいことが今回紹介する「カレーEXPO」に行った話です。

第6回カレーEXPO

ちょっと前にカレー店に食べに行ったログ記事も再開していたボクですが、カレーが大好きです。寿司や焼肉も大好きですが、カレーが第一位は一生揺るぎないと思います。

そんなボクにぴったりのイベントがこのカレーEXPOで万博公園で開催されていました。なんと今年で6回目だそうで。

グルメブロガーが選ぶ38店が集ったそうですが、基本的には関西圏(そして主に大阪)のお店が集まっていました。大阪といえばスパイスカレーが有名ですが、さて、どんなお店が参加していたのでしょうか?

参加店

はい!とりあえずカレーがいっぱいです!

3, 4, 5, 6日と4日間開催されたため、全部の店が全ての日にオープンしていたわけではありません。でもとりあえずこれだけのカレー店が一堂に会したのは素晴らしい!

カレー会場自体への入場料は無料で、万博公園に入るための250円だけが別途必要です。

GWということで、どれくらい混むのか正直こわく思って今いたが、、、さてどうでしょう!

まずチケット購入

公園内の東広場というところにたどり着くと、「チケット売り場」なるブースを発見。ここを見る限り、、、そんなに混んでいなさそう!

基本はこの「カレーセット券」を買うっぽいです。ついてくるのはカレー2種とライス1皿がもらえる分の3枚のチケット。会場は持ち込み可能なのでライスを持参するのはアリ。

チケット買いましたよっと。カレーが1種で500円というプライシングを安いと思うか高いと思うか、、、これで買えるカレーの量を後ほどご覧ください。

会場メインエリアに入る前に会場マップとシステムの説明、そして参加店舗一覧などが紹介されています。これだけ見るとなかなかの規模を感じさせるイベントです。

混み具合は??

どーーーーん!!

あれ、そんなにいうほど混んでない???なんか、事前にTwitterなんかで情報収拾してたんですけど、その時の感覚ではもっと各ブース並んでそうだったんですよね。それだったら2種のカレーをゲットするべく1個ずつ並んでいる間に最初の方が冷めちゃうじゃないか!とか色々考えていたのですが、ビビって損した!がらがらやん!

ってことで早速2種類のカレーを買いました。

各ブースには番号がついていて、最初にもらえるパンフレットから好きなお店を探して番号を目安に見つけるのもあり。

それにしても並んでいるブースはまあまあ並んでいるものの、ほとんどがすぐ買えました。ちなみに13時半ごろ行きました。

食べたカレー4種

ライスをもらうブースは別のところにあるので混み具合によってはライスをゲットするタイミングを考えなくてはご飯だけ冷めちゃいます。

お店によって、列の入り口部分に看板立てて紹介しています。また、この看板に書かれている様に、ブースで追加購入できるものを売っているお店もありました。

さて、最初にゲットしたのは「NOMSON CURRY」(手前)と「堀江クローバー 」の2店から(下それぞれの食べログページ)。

あえて事前に食べログはチェックせず、その場のフィーリングで選んだのですが、結果的に写真でいうと手前のNOMSON CURRYの方が好きだなと感じて、食べログスコアは3.58と3.05(今日時点)とかなり差がある2店だったことがわかりました。

続いて”おかわり”としてさらに2店舗、「スパイシーマム咖喱 」(手前)と「SPICE CURRY & IZAKAYA サケトメシ」からゲットしました。

同じく食べログチェックなどせずノリで選びましたが、結論、4種の中ではNOMSONのが一番好きでした。なお、食べログ的にはマムが3.03と4店の中では一番低く、サケトメシは3.50と2番目に高い点数でした。

なお、2種違う店舗のものを食べるということで、ライスをカレー側に入れるという食べ方をしました。贔屓目に見えもフォトジェニックではありませんしインスタ映えしないです。また、量はいかがでしょう?写真でわかりますかね?そう、少ないのです。

食べ物は見た目も大事で、ある程度の量も必要と思います。空いていたので待っている間にお腹がギュルル!とかそういうことはありませんでしたが、本当に試食を繰り返している気分にもなる感じだったので、もう少し量を増やすか、値段を下げてもらうとありがたいなと感じました。

総合的感想

写真の通り、並んでいる店とガラッガラなお店の差が激しかったのがカレーEXPOの一つの感想です。別にそれはいいのですが、運営側も少し工夫してあげないと出店するお店の中にはリピートしないところもあるだろうなという感じです。

買う側としては30分とか並ぶことも想定していた中ほぼノーウェイトで買えるお店もあったので4日ともこれくらいだったなら悪くないなと思いました。

ただ、先に書いた通りもう少し量が欲しい、もしくは量を買おうと思えるくらい安くして欲しいというのが本音ですね。

出店する側も費用を払って出店していることとは思いますが、ここで名を売れば後の集客につながるでしょうから、もう少し大盤振る舞いしても損しないのではないか?と思います。

あと、カレーパンもある感じで案内されていたのですが、こちらはブースすら見つけられずで、、、、この日はカレーパンを売っている店自体1ブースしかなく、普通のパンやラスクを売るブースがいくつかあっただけなのもちょっと「???」でした。

カレーが大好きなので、こういう機会に普段行こうと思わない(目につかない?)お店を試せるのはとても良いなと思いましたが、本当はあと2種類くらい食べたかったです!でもそうなると3,600円かかります。入園料やここまでの交通費を考えるとちょっとコストがかかりすぎる気がして、それならネットで調べて1店舗ずつ機会あるごとに行く方がいいかなってなると思ったので、次回はもう少し費用か量を考えてもらえればというところですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
PR
トップへ戻る