これが欲しいかも!って思ったノースフェイスのバックパックを見つけた話

この記事は約637秒で読めます。

シェアしてねっ!

先日、小旅行用のバックパックが欲しい話を書きましたが、その後たまたまリストにあげなかったバッグで自分の要望に一番フィトしそうなものを見つけました!(笑)

The North Face 「Stratoliner Travel Pack」

見つけたのは、ノースフェイスのバックパック、「Stratoliner Travel Pack」(ストラトライナー トラベルパック)です。

同じ名前がつくラインナップにはローラーが付いたものが並んでいることからも分かる通り、基本的に旅行用バッグのラインに入る商品です。

36リットルという容量はかなり入る印象でもありますが、その分背負うストラップもしっかりしていて重い荷物を運ぶ際も負担を少なくできそうです。

しかしながらiPadやMacBookなどのディバイスを入れる想定のポケットもしっかり付いています。

求めていた4点をカバーするか?

先日の記事でバッグに求める要素として、以下の4点を書きました。

  • サイドにボトルホルダーがあること
  • 少しくらいの雨なら大丈夫なこと(防水・撥水加工)
  • 3つ以上小さいポケットがあること
  • 見た目がかっこいいこと

さて、このバッグはこれらを満たすのでしょうか?

1. サイドにボトルホルダーがあること

まず1つめ、ボトルホルダーがあるかないか?

一見このバッグにボトルホルダーはありませんでした。

サクッとボトルを差し込めるポケットは便利です。街使いだったら折り畳み傘を入れたり、モバイルバッテリーを入れる人も多いとか。

しかし、上のの様に中途半端な深さのボトルポケットは頻繁にボトルを落としてしまいそうで、微妙だったりもします。

この写真じゃわかりにくいかも知れませんが、ボトルマークがついていて、その脇にスリットがあります。隠れポケットとして貴重品を入れても良さそうなポケットがボトルホルダーになっています。この構造だと絶対に落ちることはありませんし、一見してボトルが見えないのはデザイン上スッキリしていてよろしいです。

2. 少しくらいの雨なら大丈夫なこと(防水・撥水加工)

この点は、最近はやりの止水ジッパータイプでないバックパックなので正直弱いです。

素材的に”撥水”効果はあるそうですが、ジッパーは染み込むタイプですし、主な生地も撥水以上の力はありません。

例えばArc’teryxの「GRANVILLE 16 ZIP BACKPACK」というバッグは止水タイプのジッパーと防水効果が高い素材でできていて雨や水しぶきに強い作りとなっています。

確かに都市部への旅行メインの使い方の場合雨が降ったら傘をさす人が多いと思いますが、ボクは傘をささないのでバッグに防水の力があることが重要な要素の一つなのです。

まあでも、ずぶ濡れになるシーンはそんなにないと思うので最低撥水加工があればそれでいいかな、と思います。

3. 3つ以上小さいポケットがあること

ポケットは最近のバッグなら充実していますよね。このバッグもしかりです。しかも、なかなか使い勝手良さそう。先ほどのボトル用のスリットもそうですが、他にも色々装備されています。

まずこれがトップにある小さい方の気室。

大きなジッパーがある側と、反対側にも2つポケットがあります。その一つからはキーをつないでおく感じのクリップも生えています。財布やモバイルバッテリー、小型のガイドブックとか、そういうものが収納できます。

メイン気室はこんな感じでおっきな部屋です。服とかを縛る感じのストラップがあるのも普通のリュックというよりはダッフルバッグ寄りですね。

公式写真で見ると、横向きにしたらダッフルの様に大きく開くことがわかります。この、大きく開くジッパー、いい感じです。そして、蓋側にメッシュの大きめなポケットがあるのでコスメポーチなどを入れるのに良さげです。

そして、

本体底部分がこうしてぱかっと開くのですが、よくあるマウンテニアリング用バックパックだと上からと底から両方アクセスできる様にこうして底が開くのでうsが、このバッグは別のポケットになっています。

バスケットボールくらい入りそうなスペースがあって、例えば靴を入れるイメージだそうです。バックパックは底部分に重いものを入れた方がが背負った時の安定がいいのであまり軽いものを入れるイメージはありませんが、カメラギアを入れるのもアリかも知れませんね。

こんな感じ〜

ちなみに、、、

このポケットを下側にぷくーっと出すことで本体側の容量を大きくできるわけです。見た目は相当悪くなりますが、例えばここに寝袋を入れるとか、できるよ、ってことらしいです。

とりあえず、最初の写真でも分かる通り外側のポケットなども含め、ポケットの数で心配はありません。

4. 見た目がかっこいいこと

最後に、見た目がかっこいいことですが、背負ってみての印象含め、ボクはかっこいいと思いました。

普通にかっこいいと思います。

これでジッパーが止水タイプなら申し分なかったですが、まあ良しとしましょう。

小柄な女性には大きすぎかも知れませんが、男性にはいい感じじゃないかなと思いました。写真は満パンに入ってますが、少なめに入れた時の見た目も悪くないと思います。

まとめ

用途で絞ってバックパックを選ぶとき、譲れない条件を決めておくのは選ぶ上で助かります。

その上で市場をリサーチして、フィットするバックパックを見つけたいものです。

道具には見た目的な美しさと、使い勝手という機能面での美しさがあり、全てを100%満たすのは簡単ではありません。なのでそれもどちらを優先させるか考えなければなりませんが、このバックパックはほとんどの面でボクの欲しかったものを持っている気がしました。

同じシリーズにもっとシンプルなデザインのバッグもあり、こちらはよりダッフルバッグに近いデザインで、しかも見た目がシンプルでかっこいいです。

外にあるポケットはひとつでこれもシンプル。そして、ブランドロゴも横向き。名前もSTRATOLINER DUFFEL」。容量が40リットルとこちらの方がちょっとだけ大きいです。

こちらも気になりますが、とにかくこのラインのバッグが一番欲しいものにフィットする気がして、今一番「買う」に近いアイテムです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
PR
トップへ戻る