コロナに負けるな!ステイホームでブログを書きます!

ブログで月3万円は稼げるのか?そんなに甘くないのか?

ブログって儲かるんですか?

こんにちは、ブログ歴15年のLeoです。

最近高1の女の子に突然こういう質問をされてびっくりしたのですが、

ボクのTwitter経由でこのブログと、ボクがブログを書いていることを知って、興味が湧いたそうです。

実際どうなん?

ブログ一本で生きていくのは簡単ではないよ

ブログは稼げるのか?

小学生のなりたい職業がYouTuberという時代ですが、

いわゆる「アフィリエイター」と呼ばれるブログで収益を上げている人の中にもビッグプレイヤーはいて、すごい人だと年間“億”を稼ぐいわゆる「億り人」も存在するそうです。

YouTuberもブログアフィリエイターも基本的には広告収入でお金をGETしているのでみてもらうソースが動画か、文章(+写真など)かという差があるものの基本は同じといえます。

スマホの普及で動画への流れが大きくなったことからYouTuberが話題になっていますが、ブログだって結構稼げる、、、、というのが論理的に考えた時の考え方です。

実際一本で食えるのは一握り

ネットでアフィリエイト関連の情報を探ると、「月100万円を稼いだ」人の話だったり、「通算数千万円」稼いでいるという人の話が結構出てきます。

YouTuberが派手にお金を使う様子を見て夢があるなーって感じる子供がいるのと同じで、

“副業ブロガー”に憧れるリーマンは少なくないはずです。

しかし、多くのソースが言っているのが以下です。

  • 月間1万円以上稼いでいるのは全体の10%くらい
  • 月間10万円以上稼いでいるのは2%くらい

ひぇぇぇ

Stay homeでできることながらうまくいけば月収が本業を超えられるんじゃないかと夢を抱いた人が皆殺しにされるような情報です。

月10万円を目指す場合、自分と同じような人が他に49人いたとして、その人たちの中で1人の栄冠を得なければならないという過酷な戦いです。

無理やん、じゃあ

こういうデータを見ちゃうと、基本こうなりますよね。

でも、諦めないで!

月3万円を稼ぐのはそんなに大変でもない

今、50人いる中で1人の確率だと書きましたが、

逆に言えば、50人ブログをやっている人がいれば、確実に1人は毎月10万円得ているわけです。

実はアフィリエイトって面白くて、

月数百円の超低空飛行時代から月10,000円クラスまでの期間は結構長くても、そこから30,000円を稼げるようになるまでは、

割と早い

んですよ。

これには理由があって、多くの「1万円稼げない人」のブログは、

  • アクセスがめっちゃ少ない
  • 記事に魅力がない
  • 広告の貼り方がわかっていない

この3つの点でそうなっていると考えられます。

アフィリエイトは広告収入ですが、街の看板の様に「ただ掲げているだけ」では収益が発生しません。

Google Adsenseなら「クリックされること」、

A8やafbなどの成果報酬型なら「広告経由でクロージングに至ること」、

がそれぞれ必要で、

これらはともに読者が何らかの追加アクションを起こす必要があります。

コンビニを経営していると思って下さい。

  • そもそも客が来なければ儲からない
  • 売ってるものに魅力がなかったり店が汚いと客足は減っていく
  • 商品陳列が下手すぎたら誰も買わない

こうなりません?

例えば、普通はお菓子コーナーにお菓子がまとまっていて、動線的にも食べ物選んで、飲み物選んで、とか考えられた陳列になっていますよね?

でも、もし仮に、カップ麺の横にストッキングが売ってて、その次にバナナがあって、とちぐはぐの並びをしたお店があったら、お客さんは買いにくくて購買意欲も減るし、リピートも減ると思います。

また、お店が汚かったり、店員さんの愛想が悪かったりしても客は減りますね。

ブログも同じで、

多くの場合何らかの情報を求めてブログに来るわけですよ。

ボクが収益目的でやっている別ブログではいろんなノウハウを紹介していて、読者はそれを探してたどり着いています。

ノウハウ紹介なので、その説明が下手だと意味がありません。

例えばケーキの作り方を検索した人がたどり着いたサイトを見て、「この説明じゃ作る気になれない」と思ったらそのサイトはもう見ないですよね?

逆に、

ここで紹介されてるレシピ最高!

ってなったらブックマークしたり、友達にリンク送ったりしますよね?

ブログは、誰もが簡単に始められる一方で、そのハードルの低さから、企画力がなかったり、文章力がなかったり、という方もどんどん始めてしまうため、上記の例でいうと、魅力のない、客がつきにくいお店が量産される様な感じで、

せっかくブログは作っていますが、

誰も読まない

ブログにしか仕上がっていないため、そこから収益が発生するわけがないんです。

 

つまり、

 

裏を返せば、しっかり運営すれば、稼げるブログを作るのは可能だということです。

そして、もし月3万円というゴールでよければ

それは割と難しくないのです。

月3万円稼ぐ方法

では詳しく解説していきます。

月3万円って、

100万円稼いでます!

みたいな人と比べてしまうとしょぼく感じてしまいますが、

もし今のあなたの生活に毎月3万円がプラスされたらどうです?

結構潤うと思いませんか?

まず、月3万円は結構でかいことに気づこう

3万円あれば、毎月2人でディズニーランド行って、昼、夜食べて、が余裕でできます(TDLまでの交通費は抜きの計算)。

毎月これができる分、良くないですか?

それをブログをやれば稼げるなら、とりあえずは十分な気がボクはしますが、どうでしょうか?

でも10%もその水準に行けないんやろ?

繰り返しですが、10%しか月10,000円を達成していませんが、

90%の人は正しく頑張っていないからです。

 

結構潤う3万円のためなら頑張れるはず

考えてみて下さい。

月30,000円ってことは、日別では1,000円ずつですよ。

毎日1,000円稼げればいいんです。

そう考えるとハードル下がりませんか?

 

正直、LEOLOGは雑記ブログなんで月間3,000〜15,000円くらいの収益しか上がっていません。

最近A8系のアフィ広告も貼り始めたのでどうなるかわかりませんが、これまでは基本Google AdsenseとAmazon associateで収益を上げていました。

Adsenseが昨年後半からえぐいペースで収益力が落ちたのでA8もぶっこんでいますが、Amazonが調子良ければ月10,000円くらいもたらしてくれています。

 

サイトのカテゴリにもよりますが、Google Adsenseより成果報酬型の方が基本儲かります。

ただし、成果報酬タイプは広告のターゲットが固定になるのでブログを読む層が散らばる雑記ブログには微妙なのでLEOLOGは稼ぐタイプのブログではないんですね。

 

一方で、ニッチでもいいのでターゲットが明確なブログを作りさえすれば、日に1,000円は割と余裕なんです。

 

例えば、退職代行会社の広告は報酬が問い合わせだけで5,000円です。

  • 退職がしたくて
  • 自分じゃ退職申し出できない

なんていう人はレアかも知れませんが、確実にそことエンゲージできれば実際に退職代行を依頼したかどうかは関係なく5,000円わてくしに入ってくるわけです。

つまり、

退職したい人のためのブログとか悩み相談サイト的なものを作って、

「とりあえず問い合わせてみようぜ」と促すのですね。

で、ユーザーが問い合わせてくれたら、5,000円!

月に6人この行動をしてくれる人を確保できれば30,000円ですよ?

割と行けそうじゃないですか?

 

ただ、同じことは多くの人が考えるから競合がいるというところだけ気にしなければなりません。

そして、その競合に勝つためには、

頑張るしかない

んです。

 

ブログコンサルの依頼で見せていただく”全然稼げていない”ブログは概ね、

テレビ見ながら30分くらいで書いた?

って感想になるレベルのものが多いです。

ボクも昔は日記的な、もうスマホで左手で10分で書いたみたいな記事を量産していた頃があります。

しかし、

さっき書いた通り、来客は記事の質でアクションを決めるので、

汚かったり、読みづらかったり、内容が不必要だったりするブログには滞在もしないし、リピートもしません

一方、

ためになる、読んで楽しい、居心地がいい

そんなブログなら、

ブックマークするしシェアするし、コメントするし、いいねする

んです。

なので、

ボクはいつも、

ひとつの記事に費やす時間の目安は3〜4時間

と、言っています。

ここからは人によりますが、オススメはWordpress上ではない、できれば紙のノートの上にプランを書くところから始めて、

  • どんな記事を書くか?
  • ターゲットは誰か?
  • 何を解決するのか?

などを明確にした上で、

「起承転結」を持った構成を決めます。

そしてそれを記事にまとめていく作業となるので4時間かかっても不思議じゃないですよね?

また、挿入する写真やイラストにもこだわって欲しくて、

ボクはアイキャッチも力を入れて作るべきだと教えています。

副業で1つの記事に4時間もかけてらんねーよって思うかも知れませんが、一度世に出てしまえばその記事が自動でお金を稼いでくれるわけですから、

例えば1日に1時間ずつ x 4日で分けてもいいのでとにかく手抜きの記事を量産するより、1つの入魂記事を発表する方がいいことを頭に入れて欲しいです。

LEOLOGの実績でも、

時間をかけてしっかり書いた記事は早いと翌日にキーワード検索の対象になっていて、ユーザーの滞在時間も10分とか、ブログ記事としてはかなり長い時間になることがあります。

一方、”Twitterの文字数多い版”的なやっつけ記事は見向きもされないので本当に上記の考えは忘れないでいただければと思います。

しかし、そこだけ意識できれば、

月30,000円は余裕

だということを知って下さい。

まとめ・総括

ではもう一度、高校生の質問です。

ブログって儲かるんですか?

本気で取り組めば月3万円くらいなら余裕だよ

以上が今回のボクの回答になります。

収益目的で作ったブログ数個、収益になったら嬉しいな、くらいで運営しているサイト数個、そしてこのLEOLOGで色々検証しつつ、

ここ2年くらいは他人のブログのコンサルもやっている中での感想・実感を踏まえて今日の記事を書きました。

なんか、

ネット上でよく見かける「月100万円稼いでます」的な人のブログはお役立ち情報も多いなと思う一方、自分はやりたくないなって思うので総合の収益は発表しませんが、

上位2%に入れているブログは存在します
 
  • 頑張れる度合い
  • ブログのカテゴリ(業種?)
  • 記事を書く能力(魅力度)
  • 収益モデルの正確性

この辺の要素が絡み合っているのがブログの収益化だと思うので、「50人に一人しか稼げへんのかー」と嘆く前に、

本気で稼ぐ

っていう覚悟を持って、しっかり向き合うようにしたら3万円くらいはすぐ稼げる様になるので頑張って下さい٩( ‘ω’ )و

逆にいうと、それができないなら普通にバイトした方が絶対収益率は高いですので(笑)

以上

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Leo Miyanagaを
Like
LikeLoveHahaWowSadAngry
このブログを書いてる人
Leo

コロナで色々バグった起業家😷
写真家/ブロガー/YouTuberなど色々やってます。愛機はα7III & RX100VII。
シアトル生まれ、大阪育ち→シアトルにも10年以上住んでましたが今は大阪ベース。
このブログではLeoの気になるコトや毎日の色んなコトを記録しています!
詳しいプロフィールはこちら

Leoをフォローする
Web・Wordpress WORK
LEO LOG

Comment 気軽にどうぞ!!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました