Google、「Youtuber」デビューが少し遠くなる仕様変更発表!10,000回再生未満は広告表示せず!

この記事は約228秒で読めます。

シェアしてねっ!

今をときめく「Youtuber」(ユーチューバー)ですが、認知が広がり、Youtuberになりたいと思う人が増えて飽和状態とも聞きます。

確かに昔より簡単にクオリティの高い動画が撮れるようになり、編集ツールも進化していて動画の「撮影」→「編集」→「公開」というのが簡単になりました。

ボクもこのブログで写真を豊富に使ってきましたが、最近動画をもっと載せたいなと思い始めていたのですが、そんな中で、せっかく載せる動画なので「収益化」への道はどんなものかと気になっていたところでした。

Youtuberは夢がある?

人気 Youtuberになると年収何千万とも言われる夢のある世界である一方、本当に収益化に成功しているのはごく一部というのが現実です。

とはいえ、あのピコ太郎もYouTubeで公開した動画がきっかけで今のブレイクがあるわけですし、夢見てYoutuberデビューを!という人はまだまだたくさんいるでしょう。

ところが、そんな夢見るYoutuberの卵に残念な仕様変更です!

10,000回再生/チャンネルがないと広告表示せず

Googleが発表した仕様変更では、チャンネル内に登録されている動画の再生総数が10,000回に満たないチャンネルからは広告を表示することができないというものでした。

チャンネル内の動画合計ですので、例えば100回再生の動画なら100動画、1,000回再生なら10動画あれば、という感じですが、調べてみたら、ボクが3年前に公開した動画は75回再生という状況でしたので、なんの面白みもない動画を載せたところで10,000回再生というのはなかなか遠い道のりの様です。

つまり、これからYoutuberになろうという人は、最低でも10,000回再生できるポテンシャルがある人じゃなければ1円にもなりませんよ!ということです。

ちょっと敷居が高くなりましたね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る