【スタバ】大阪ご当地マグやカードのデザインが新しくなった!

この記事は約511秒で読めます。

シェアしてねっ!

log-161126starbuckstop3

シアトルにあるスタバ一号店には一号店限定グッズがたくさん売られていることはこの間もこちらの記事で紹介しましたが、日本のスタバもご当地グッズは多くの都道府県で用意されていて、もちろん我が大阪も例に漏れずです。

そんなご当地デザインアイテムはマグカップタンブラー、そしてスタバカードに主に描かれていますが、今日スタバに行ったらデザインが新しくなっていました!

アメリカのスタバでも定期的にご当地マグがデザイン変更していましたが、ボクの知る限り日本版のデザインが新しくなるのは10年以上ぶりです。

ということで、今日は新しくなった大阪限定デザインをご紹介!

ラインナップ

log-161126starbucks00

今回の大阪限定シリーズは4種類の展開の様です。

マグカップ、タンブラーに加え、水筒、そしてスタバカードです。たこ焼きとJR環状線がデザインのキーっぽいですね。

それでは個別に見てみましょう。

大阪マグ

log-161126starbucks05

まず初めはシェイプも変わったマグカップ。

「USOYAN」、「OMOROI」などといった大阪弁がローマ字で書かれているのが新しいですが、大阪らしい絵柄は以前のバージョンよりはインパクトが大幅ダウン。

log-161126starbucks10

以前のデザインはこんな感じで、どーんと大阪城、京セラドーム大阪、裏面にもHEP FIVEの観覧車や海遊館などの大型施設が描かれていました。

シェイプはそこがキュッと締まった形に進化しました。

センスが合う人にとってはおしゃれなんでしょうけど、マグカップにしては高級です。

 icon-money 1,800円 (税別)

大阪タンブラー

log-161126starbucks03

タンブラーもシェイプが変わり、紙コップに似た形になりましたね。「OSAKA」の「O」の字がたこ焼きっぽく書かれていて、その文字のすぐ下にたこ焼き屋さん。

log-161126starbucks11

これが以前のタンブラー。こちらは大阪城のすぐ後ろに通天閣がそびえ立ち、形は腰がくびれて持ち手に優しいデザインで好きだったのですが、今回は大きく形が変わりました。

 icon-money  1,800円 (税別)

ステンレスボトル大阪

log-161126starbucks04

ステンレスボトルにはエンボスで「OSAKA」の刻印と控えめな絵柄で構成されています。

容量は355ccとあまり多くはないですがスタバのトールサイズが12ozでおおよそ355ccなのでトール相当の容量ですね。

上のマグカップもタンブラーも同じ355ccの様ですから、コーヒーを入れるサイズと考えればこんなもんでしょうか?

 icon-money 4,200円 (税別)

スターバックスカード シティ大阪

log-161126starbucks12

こいつだけ”シティ”と名がつく理由がよくわかりませんが、1,000円から入金できて、入金を条件にゲットできるプリペイドカードです。

ちょっと前に登場したスタバアプリに登録するとカードレスでスタバで使えます。

log-161126starbucks13

以前の絵柄とスタバアプリでの見え方

慣れの問題やセンスの違いかもしれませんが、ボクは以前のデザインの方が好きだったかなーと思います。よく考えたらこの観覧車、HEPだけじゃなくて、天保山のやつかもしれないですね。

13地域で限定グッズ展開っぽい

log-161126starbucks02

このシリーズは、「Japan Geography Series」というみたいですね。専用のボックスが用意されてコレクションや贈答品向けにも考えられているっぽいです。

デザイナーが誰なのか、GOを出すのが誰なのかとかわからないですが、旅行では記念品(自分へのお土産)にいいかも知れませんね。

アメリカでのご当地限定グッズには「You are here collection」という名前がついていて特にそういった需要に訴求している感がありますが、日本では下記の地域で限定グッズとデザインが展開されているっぽいですよ。

log-161126starbucks14

北は北海道から、仙台、東京、横浜、金沢、長野、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡、そして沖縄。都道府県名と都市名が混ざってるのが気になりますが、まあ、細かいことは気にしない方がいいですね。

ここに漏れてしまった街は残念ですが、個人的には”最後の県”として話題になった鳥取を作ってもいい気がしています(笑)。もちろん”砂場”の絵で。

まとめ

今回のお話は、

  • スタバ限定グッズが更新
  • 新たに水筒が追加
  • 絵柄だけでなく、シェイプ(デザイン)も大きく変更に
  • マグカップが高い!
  • 個人的には前の絵柄の方が好きだった
  • 限定グッズは全13都市で展開

こんな感じですね。

やっぱりマグカップが異様に高い気がしています(だって税込ほぼ2,000円!)が、コレクションとして国内旅行とかで自分用に買うのには悪くないかも知れませんし、自分の街への愛を体現するアイテムの一つとして買っておくのもありでしょう。

ボクはシアトルやスタバ一号店、ワシントン州のものはデザインが更新されるたびに買っていますし、大阪のタンブラーとマグは以前バージョンのものは両方持っています。今回のを買うかは悩みどころですけどね。

まだ気づいていなかった方は是非チェックしてみてください!

関連リンク:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る