富士フイルムのミラーレス中判GFX 50Sの廉価版が秋に登場する?という噂がワクワクする。

ミラーレスで、中判サイズ(645判よりは小さい)という特徴を持つ富士フイルムの「GFX 50S」は、ボクも持てるものなら持ちたいカメラの一つですが、すでに100万円を切る価格が”破格”とされている中で、さらに低価格の廉価モデルが出るという噂があります。

BREAKING: Fujifilm GF 250mm F4 Announcement April 12. Fujifilm GFX 50R Confirmed at Photokina in September 2018 - Fuji Rumors
Fujifilm April 12 Announcement Hey all, A quick rumor for you today: Fujifilm will announce the GF 250mm F4 on April 12. The official Fujifilm roadmap shows tha...

その名の通り富士フイルム関連の噂を扱うfujirumorsniよると偶数年の9月に行われている写真関連イベント、Photokinaで発表するらしいという話です。

つまり、およそ5ヶ月後の発表(発売はもう少し後?)が期待できるニュースというわけですが、「GFX 50R」と呼ばれるとされるその機種が一体どれくらい安く、そして、どれくらい50S機能が違うのかは全然わかりません。

果たして、50RのRは何のRなんでしょう?RENKA-BAN?そんなわけない。

うーん、気になる気になる!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを
Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
メールでの返事希望な場合必須
評価
この記事の評価
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
トップへ戻る
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
タイトルとURLをコピーしました