【WordPress】に「記事を読むのにかかる時間」を表示させる方法

この記事は約351秒で読めます。

シェアしてねっ!

log-161019readtime-top

前にブログをやっていた時に入れようと思って忘れていた機能に「この記事は○分○秒で読めます」という様な情報があります。

今回「LEO LOG」でブログを再開してこの機能は入れておこうと思ったので入れてみました。

「この記事は○分○秒で読めます」の挿入方法

このブログは無料テーマの「Simplicity」を元にカスタマイズして作っていますが、「この記事は○分○秒で読めます」を入れるのは実に簡単です。

こんな感じの文言を入れたいところに挿入するだけ。

ボクは投稿日、更新日の後ろに入れたかったので「entry-body.php」内の<?php get_template_part(‘datetime’) //投稿日と更新日?>の後にぶち込みました。

log-161019readtime-03

こんな感じで出てきました!非常に簡単です。

細かいカスタマイズ

4行目、5行目の600という部分が1分間に何文字読む前提での時間算出かというもので、日本語だと大体400〜600文字くらい読めるらしいのでここでは600に設定しています。

あとは「この記事は約○分○秒で読めます」とするか、「この記事の所要時間:○分○秒」にするかなどは好みでいじりましょう。

ボクは数字の部分だけ赤色に変えていますがそこまで時間を強調しなくてもいいかとも思います。

まあ、ブログデザインとの調和とか、好みの問題でしょう。

プラグインを使う方法も

テーマをいじるのが怖いという人にはプラグインを使う方法もあります。

「Estimate」というプラグインで簡単にできるそうです。下記の作者ページからゲットしてみて下さい。

記事を読む所要時間を表示させるWordPress用プラグイン「estimated」作ってみました。
先日、「たった一行追加するだけでサイトの滞在時間を13.8%伸ばす方法・・・」というタイトルでidea*ideaさんが紹介されていた、記事の冒頭に”記事を全て読み終える...

プラグイン追加には検索では出てこないので、上記サイトからプラグインをダウンロードして、自分のWordpressにアップロードします。

log-161019readtime-02

プラグインを有効にするだけでこんな感じの記述が登場します。おそらくテーマをいじれば点線を消したりソリッドにするなどカスタマイズも出来ると思います。

気軽に「この記事は約○分○秒で読めます」を入れてみようという方はお試しあれ。

※コード挿入でやった場合とこのプラグインを使った場合で時間が違っているのはプラグインでの設定が500文字/分計算だからだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る