アップル、完全新設計でモジュール性の次期「Mac Pro」と純正ディスプレイを準備中と表明

この記事は約339秒で読めます。

シェアしてねっ!

以前こちらの記事や、こちらの記事でも書きましたが、最近Macの更新が滞っていてファンやユーザーが心配しています。

そんなアップルが現行のフラッグシップモデル「Mac Pro」について完全に新設計の新型を準備中であることを明らかにしました。

プロ向け商品に消極的か?

写真管理・編集ソフトの「Aperture」を辞めるなどプロ向けの商品開発に消極的に見えるアップルですが、最新の高性能PCのトレンドに完全に遅れをとっていることを認め、次期Mac Proについてアップグレード性を重視した”モジュラー式”とするとのこと。

確かにプロ向け商品より一般消費者層向け商品の方が数も出るし、「iPhone」で十分稼げているならわざわざ開発リソースをさくのもなーというところなのかもしれません。

とはいえ、最近では純正ディスプレイも辞めてしまって(現在はLGのディスプレイを代替えとしてラインナップ)、本当に今後どうなるのか心配しかなかったMacのプロ仕様モデルが一応開発中とわかり、プロのユーザーは一応ホッとしたところでしょうか?

初代のMac Pro

今年中の登場はなし

ところが、この”完全に新しい”次期モデルは今年中に出ないというのがBad new。

現行モデルは2013年12月の発売。

円筒型の筐体に三枚の基板を収めるコンパクト設計と、ひとつの大型ファンで冷却する「ユニファイドサーマルコア」というシステムをすごい革新的な進化という感じでアピールしていた発表イベントから4年弱が経ち、結果的に設計がダメダメだったと認めるに至ったわけですが、次の設計こそは頑張ってもらいたいですね。

現行モデルと廃止になった純正モニター

ゴミ箱と呼ばれようと指紋がつくやんと言われようと、プロ向けの道具としてしっかり仕事ができれば問題がない中で、最新のスペックについていけなくなったというのは悲しいです。

まとめ

ということで、今回明かされた情報をまとめると…

  • 完全に新設計
  • 現行モデルは熱設計的に致命的なミスがあった
  • 次世代モデルはモジュール式採用
  • モジュール式の狙いはアップデートのしやすさ
  • ディスプレイも準備はしている(モジュラーの一部として)
  • しかし年内の登場は無理
  • 代わりに現行モデルを少しバージョンアップする(されました)
  • とはいえ多くのプロはMac Proまで求めていないのでiMacを年内に投入

ボクは現状ではProはいらない人ですので、プロユーズ(写真的な)に耐えうる素晴らしいiMacの登場(年内らしい)を待ちたいところですが、クリエイターの多くはMacBook Proなどで結構やれているとも聞くので、今回明かされた次期Mac Proを待ち望む層が誰で、どれくらいいるのかはどうなんだろーといったところです。

王者アップルの帝国が崩壊していく様を見ることにならなければいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る