MacでFLACファイルをALACに簡単変換する「FLAC2iTunes」!

この記事は約234秒で読めます。

シェアしてねっ!

LOG-170124Top

最近のハイレゾブームはめざましいですが、ハイレゾ音源で一番ポピュラーなフォーマット、「FLAC」(Free Lossless Audio Codec)はiTunesには不対応です。

普通に再生もできなければ、iPhoneやiPodに入れることもできません

もともとiPhoneはハイレゾを楽しむのに最適な機器ではありませんが、それでもせっかくFLAC音源を買ったならできるだけいい音で聴きたいもの。

ということで今回は同じ可逆圧縮方式の 「ALAC」(Apple Lossless Audio Codec)に変換することができるシンプルなMac用ソフト、「FLAC2iTunes」をご紹介します!

シンプル操作で簡単変換、「FLAC2iTunes」

ソフトはこちらからダウンロードできます。

変換はとってもシンプル。

LOG-170124i

アプリを起動し、変換したいファイルをドラッグ&ドロップでリストし、唯一のボタン、「Convert」を押すだけ。

LOG-170124a

Convertを押すと一番右の「Status」が「Waiting」から「Decoding」に変わっていきます。

LOG-170124e

iTunes上では不規則な文字列が並ぶファイルが足されていきます。

一瞬、「あー、曲名とかは自分でやるんだー」と焦りますが、焦らず待ちましょう。

LOG-170124c

続いてStatusが「Encoding」に変わっていきます。

LOG-170124g

この時点では曲名が変な数列で、かつ、アーティスト名もアルバム名もまだありません。まだ待ちましょう。

LOG-170124h

安心してください。順番に曲名やアーティスト名が反映されていきます。

LOG-170124d

「Done」になれば完了!CD読み込みと同じ様にピロリという音がなって知らせてくれます。

LOG-170124j

今回はアルバムだったので全曲ちゃんと1つのアルバムとして認識され、ファイルがまとまりました。ジャケ写(アートワーク)はついていないファイルだったので自分で足します。

以上!

MP3やAACよりも上質な音楽データであるFLACをiPhoneやiPodで楽しむための簡単な方法でした!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る