30日で字が上手くなる?「ペン字練習帳」を試してみる!

この記事は約342秒で読めます。

シェアしてねっ!

先日、大人の嗜みとして”ちょっといいペン”が気になっている話を書きましたが、実は、ボク、字が下手くそで、もしいいペンを買ったとしてもそれで書ける字がヘッタクソではよろしくないよなーって気づいてしまったんです。

icon-bookmark 社長の嗜みとして、ちょっと「ペン」購入を模索 〜狙いの5本〜

それで前から気にはなっていた「30日で綺麗な字が書けるペン字練習帳」というペン字上達用のワークブックをポチッとやってみました!

Amazonで600円ちょっとと手頃な価格なので”お試し感覚”でもポチッとしやすいですね。

試してみる

細々書かれていますが、メインの主張は「30日」「きれいな字が書ける」ことです。30日、つまり約1ヶ月で下手字が上達するなら、儲けもんです。

ちょうど月が変わったタイミングではじめて見ることにしたわけです!

最初の数ページは色々と説明が並びますが、まずは、縦線、横線、曲線、そして折り返し線を練習するところから始まります。たったこれだけでも意外と思った通りの軌道(?)を描けないことが実感できます。

続いて最初の章の練習法が書かれています。

なんでも、文章を書くとき、7割がひらがなだそうで、まずはひらがなをしっかり書きましょうという流れになっています。

なので、最初は「あ」から。

なぞるのを3回、4マスになっている空欄に3回、そして全くの空欄に3回の計9回ずつ練習します。

こんな感じで書き始めます。まあ、なぞる分はまだましです。

いかがでしょう?やっぱり右の3つ、全くの空欄に書く「あ」は崩れてしまっている気がします。

はい、Day 1終了!

正直、ゲシュタルト崩壊しまくりました!(笑)

左右2ページが1日分なので、丁寧に書いてもだいたい10分くらいで終わるのはいい感じです。

もしもっといっぱい練習したいな、と思うなら、毎回コピーしてからやってもいいのかも知れません。

スタート前の字

ということで、今日から30日、毎日ペン字を練習することになりましたが、せっかくブログに書くので、30日後に”ビフォーアフター”を紹介できる様に練習スタート前のボクの文字を晒しておきます(笑)!

こんな感じです!

恥ずかしながら、本当に不恰好な字ばかり量産してしまいます。これでもなかなか丁寧に書いたんですけどね。。。

やって見た感想

それで、レビュー要素として、初日を終えた感想ですが、一回が10分程度で終わるので毎日続けるのが楽だなという印象と、しっかり大きなマス目なので書きやすさも十分でした。

それぞれの文字についての注意点(跳ねるとか、膨らむとか)が解説されているので一文字ずつ意識してしっかり書くことができてとても好印象でした。

どうしてもゲシュタルト崩壊が始まってしまうのは悩みどころですが、普段「形」を意識して書こうとしてもどこが正しい形なのかわかりずらいという問題はこのワークブックで解決されます。しっかり形を意識しながら練習することで、上手くなるのかな〜という期待は持てます!

まとめ

さてさて。

そんな感じで30日チャレンジをスタートさせましたが、どーなることやら!ちょうど30日後から始まる仕事もあるのでその時いい感じできれいな字が書けることを目指してコツコツ頑張ってみようと思います!

とりあえず、中間報告をするかはわかりませんが、最低でも30日後、再びレビューを投稿したいと思います!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る