改心した?と噂の「いきなり!ステーキ」を食してみた!そこで思いついたいきステ復活のための策

この記事は約427秒で読めます。

少し前に、「いきなり!ステーキ」が業績悪化の中社長の怪文書問題が話題になり、その件についてこのブログでも書いたことがあります。

ボクも、「さすがにこれはあかんて。。」と思ったわけですが、その後色々改心し、売りメニューである「ワイルドステーキ」が改善されたと聞いたので食べに行ってみましたよ!

ハンバーグとの相乗りを注文

ってことで早速やってきましたいきステ。

ワイルドステーキ、確かに一番評価がダメだった時期は「ゴムやん」ってネットで書かれる印象に抗うことが難しい食感でした。なのでここでステーキ食べるときはリブロースにしていたのですが、、、さて。

正直、改善がデマ、もしくは店舗によるなどの場合が怖かったのでハンバーグとのコンボにしました(笑)。

いや、

噂というか?

あれ、社長が公式で言ってたんですっけ?

確かにお肉、美味しくなってたですよ!以前の噛みきれないイヤーな食感ではなく、程よい噛みごたえと、しっかり噛み切れる柔らかさの両立がかなったお肉でした!

ウンウン、

これなら「また食べたい」って思えるやつですわ。

また社長がトチ狂って客をナメたような変な怪文書を出してこなければ通いますよっ。

いきステ復活への戦略提案

ところで、この日ちょっと思ったのですよ。

今後いきなりステーキが復活するために取るべき選択肢について。

ボクは別に敏腕経営者でもなんでもないんですが、いち顧客として、お客目線での提案です。

1. メニューを減らそう

まずはこれですよね。

いきステは回転率を上げて薄利多売でやってくスタイルのお店です。なので、メニューが多くて悩む時間をサクッと減らすのが大事。メニューを絞ることで廃棄ロスも減るわけですから、これはマストです。

席に着いたらほとんどの人がサクッとその段階で注文する形が理想です。

なので、今後は「ワイルドステーキ」、「ワイルドハンバーグ」、それらのコンボ、と、2種くらいにしよう。リブロースと、国産熟成サーロインくらいでいいのではないかと思います。ランク的にね、A、B、Cくらいの3段階くらいでメリハリあるやつにすると良いのではないかと。

2. 全メニューサラダ・米・スープ付きで

メニューを絞るのと考えは近いですが、もう全メニューサラダもご飯もスープもつけちゃいましょう。そこの説明とかしている時間も面倒ですし、昼でも夜でもとにかくセットで食えるというイメージで行く方が客としてはわかりやすくて楽です。

3. ソースをハンバーグについてくるやつだけに!

ここは好みなんかもしれませんが!

このね、ホットステーキソース、これがあかんのだと感じました。

みてください、ハンバーグだとついてくるこのオニオンソース。これ、普通にステーキにもめっちゃ合います。そしてこっちの方が断然美味しいのですよ。

一方、ホットステーキソースって、すぐ焦げるし、美味しくないのよ。

テーブルの上には「いきなりソース(甘口)」とか、わさびしょうゆで食べる人、タバスコなんかもあるのですが、正直レアやと思うんです。

選択肢があるのは飽きないとか、好みに近いものが食べられる、という意味でいいのですが、一方で用意する側の面倒とか、廃棄ロスの割合が増えるのですよ。

ここはもう、ドレッシングも「いきなりドレッシング」一択、ソースもステーキでもハンバーグでもオニオンソース一択、と割り切った方向に行くのが良いのではないかと思います。

4. 変なコラボもやめましょう

社長の趣味なんでしょうかね?いっつも何らかのコラボをやってる気がするんですが、これももう、お肉をサクッと食べるだけのお店というシンプルさを追う方向にシフトして、やめたらいいと思います。

まとめ

  • 確かにワイルドステーキは美味しくなった!
  • 社長の怪文書はもうやめて下さい。
  • 今後はシンプル路線で復活を目指してくれ!

ということで、肉マネーが3万円分以上残っているため、潰れてもらっては困るボクとしては味の改善は嬉しい一方、やはり経営が復活してもらわないと心配ですので大量閉店と合わせて今後しっかり経営を立て直していただきたい次第です。

近く(生活圏)にないのでわざわざ行こうと思わないと行けないのが難点ですが、それでもわざわざいきたいなと思わせるくらいのお店に改善改善していってもらうことを期待しています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
PR
トップへ戻る