キヤノン、重さほぼ変わらずにバリアングル+タッチ液晶や45点オールクロスAFの「EOS 6D Mark II」発表。まだまだレフ機で行くよねっていう

この記事は約646秒で読めます。

シェアしてねっ!

キヤノンが、最廉価版となる”フルサイズ一眼レフ機”、「EOS 6D Mark II」発表しました

店頭予想価格はボディ単体が22万5,000円前後、「24-70 F4L IS USM レンズキット」が32万7,000円前後、「24-105 IS STM レンズキット」が26万9,000円前後(全て税抜)。発売は8月上旬の予定。

一眼レフで大きなシェアを取るキヤノンとニコンはそれぞれフラッグシップとなる「1D」系と「D5」を持っていますが、売れ筋なのは普及価格帯の「5D」系と「D8xx」系です。

APS-C商品群の競争力が下がってきた昨今では両社はフルサイズの廉価モデルにも注力していて、キヤノンは2012年に初代「EOS 6D」を投入しました(それでも売れている数は多分5Dのが上)。

キヤノンもニコンもAPS-Cモデルの開発はやめていないし新モデルもちゃんと発売され続けていますが、やっぱりフルサイズの方がレンズとか含めると儲かるんでしょうね。6Dを売りたい感は感じます。

icon-external-link 公式ページ
icon-external-link スペシャルサイト

EOS 6D Mark IIってどんな感じ

初代はフルサイズモデルながら小型軽量にまとまっていることを唄い、EOSとして初のWi-Fi搭載モデルとするなど、中級者や若い層をターゲットにしている感じのモデルだったと思います。

実際Mark II発表前の価格でも5年落ちとは言え、フルサイズ機が本体価格12万円ちょっとですから、フルサイズの敷居が下がったなーと感じさせられます。

“EOS 6D Mark II”は「EOS 6D」(2012年12月発売)の後継機種で、「小型・軽量のフルサイズモデル」というコンセプトを継承しながら、高画質、AF性能・連写性能、ライブビュー撮影・動画撮影機能、ネットワーク連携機能などを総合的に進化させたハイアマチュアユーザー向けの高性能モデルです。

(公式プレスリリースより)

プレスリリースにもある通り、小型軽量という路線は維持しつつ、バリアングルとタッチ対応になった液晶画面も特徴の一つで、撮影の自由度をあげています。

新開発の有効画素数約2620万画素フルサイズCMOSセンサーと、最新の映像エンジン「DIGIC 7」が搭載され、常用感度は最高ISO40,000と、暗所での撮影にも対応。また、AFポイントも初代が11点(中央1点クロス)だったものが、45点オールクロス(F8測距対応27点)、そして連続撮影コマ数も最高約6.5コマ/秒(6Dは約4.5コマ/秒)と正当な進化を遂げています。

プロフェッショナルではないハイアマでフルサイズに憧れる層が狙うモデルという感じは6Dから変わらずです。

競合モデルとの比較

キヤノンの機種3モデルと、ニコンの最廉価モデル「D610」、ペンタックスの「K-1」などを並べて見ました。D610はそろそろアップデートがあってもおかしくないちょっと古いモデルなので比較は微妙ですが、こうしてみると、同じフルサイズといっても色々ですね。

5D最新のMark IVと6D Mark IIを比較してみると、連射こそそんなに変わりませんが、視野率が少し違ったり、液晶の解像度という面だけでも違ってきますが、重量が100g以上も違うのにはこの表に入れていないたくさんの要素が詰まっている上位機種だからこその色々があるわけですね。

それにしても、そう考えるとK-1って重いですね(笑)。もちろん唯一本体内手ぶれ補正付きではありますが、、、5Dと6Dの間くらいのキャラクターにしては重すぎな気が、、。ペンタックスはK-1がフラッグシップモデルではありつつ、一応「645Z」があるので、K-1は本当は5DとかD8xxと競合するモデルで、これの廉価モデル、K-2?とかがあればがっつり競合になるんでしょうけどね。6DやD6xxはモデル末期にはこうして12万円とか13万円というお値打ち価格になるので気軽にフルサイズデビューを目指す層が木にするモデルなのはやっぱり間違いなさそうです。

ミラーレス化は?

ところでSONYは完全にミラーレスのフルサイズで進化していっていますよね。

2020年にはどれだけのミラーレス機がオリンピックを撮るのか?という話題も最近ではよく聞かれるようになりましたが、スポーツフォトで活躍するキヤノン、ニコンの二社はまだまだ一眼レフで行くっぽいですね。

車が電気自動車化しなくてはいけないのと同じく、カメラもゆくゆくはミラーレス化が進んでいくんでしょうけど、2024年のオリンピックくらいにはキヤノン、ニコンのフルサイズミラーレスが出てくる感じなんですかね?

そういう意味では富士フイルムの「GFX50s」の発展にやっぱり注目したくなります。

EOS 6D Mark II Live!フルサイズキャンペーン

ちなみにキヤノンは、「EOS 6D Mark II Live!フルサイズキャンペーン」を実施して、ヒトバシラーのみなさんを応援するようです。

発売日から来年の1月14日までにボディ単体かレンズキットどちらでもいいので購入(して応募)すると、応募者全員にプレゼントがもらえるというもの(応募締切は2018年1月31日)。

プレゼント内容は「野老朝雄氏デザインキヤノンオリジナルストラップ」に加え、「バッテリーパックLP-E6N&サンディスク エクストリームSD UHS-Iカード(64GB)」もしくは「サンディスク エクストリーム500ポータブルSSD(250GB)」ということで、額にすると1万5,000円〜2万円分くらい。

ソッコー買って楽しみたい人のちょっとした救済です。

まとめ

売れ筋の5D系だけではなく廉価モデルもリニューアルしたことでキヤノンが今後も一眼レフ機を継続的にやっていきそうな雰囲気を感じました。

6D系はフルサイズ初心者向けですので、今後フルサイズ市場の拡大にどれくらいキヤノンが注力して行くか注目ですが、同時に発表になった「EOS Kiss 9X」もあり、一眼レフ初心者向けの開発も怠っていないみたいなのでそちらからみる視点でもキヤノンの今後の戦略は気になります。(ミラーレスもやってるし)

ボクはペンタックスユーザーなので今は「KP」とかが気になる対象ですけど、次カメラを買い換えるならGFX50sがいいですよね、やっぱり。中判には夢があります。

あーお金欲しい!

以上。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る