今年も大詰め!!Leo的「2016年の10大ニュース」大発表!!

この記事は約837秒で読めます。

シェアしてねっ!

log-161230top

いよいよ2016年も後1日と少しになりました!

今日はボク的「2016年の10大ニュース」

ボクに起こったことや、世間に起こったことでボクが強く関心を持ったことなどを10個、ランキング形式でまとめていきます!

10位:「LEO LOG」始動

まず第10位は、このブログを始めたことでしょうか!

2013年1月〜2015年6月まで2年間やっていたブログがウィルス被害で消滅して以来、およそ1年振りにブログを書き始めました。

かなりの量の記事が蓄積されていたのにそれが消えてしまって心が折れていましたが、やっぱりブログを書くことが好きだったのでブログから離れてしばらくやめていましたが今年復帰したのでそれが10位の自分的ニュースでした。

9位:定額制動画配信サービスにハマった

log-161230netflixhulutop

少し前にこちらの記事でも書きましたが、今年は、「NETFLIX」「hulu」、そして「Amazonプライムビデオ」に加入して映画を始めとする様々な動画を楽しんだ年でした!

それぞれのサービスで共通する動画も多いですが、それぞれのサービスが独自に制作するオリジナル作品もあり、もともと映画好きだったボクの新しい習慣となりました!

このサービスを使い始めたからこそ初めて見る機会を得た映画やドラマもあり、「亜人」「ウォーキングデッド」など、新たにのめり込んだ物語も少なくありません。

少し世界が広がったな、と思わせられたので、9位にランクイン!

関連記事

8位:オリンピック中名前を呼ばれまくる

log-161230rio

多くの日本人的には日本史上最多の41個のメダル獲得となったことが大きなニュースかも知れませんが、ボク的には開催地の「リオ・デ・ジャネイロ」が省略されて「リオ」「リオ」と世間が連呼しまくっていたのが今年前半から夏までの自分的トピックでした(笑)。

次はトッキョーなのでもう心配はないですが、今年はテレビでも街中でも自分の名前が飛び交っていて色々複雑な心境でした(笑)

7位:「PENTAX K-1」発売

log-161230k-1

第7位は、ボクが愛用するPENTAXからフルサイズ機が登場した話。

PENTAXは「645D」「645Z」という約33mm x 44mmサイズ(フルサイズは24mm x 36mm)の撮像素子を備えた機種があったため、キヤノンやニコンの様にフルサイズ機を持っていませんでした。

しかし古くからのファン含め多くが待ち望んでいたPENTAXのフルサイズ一眼レフ機が満を辞して登場したことでこれまでAPS-Cサイズか645かという選択肢しかなかったラインナップがより豊かになりPENTAXファン歓喜の展開となりました。

ボクはまだ買っていませんが、売れ行きは好調な様でボクもとっても気になる機種です!

6位:「iPhone 7」がイヤホンジャックを廃止

log-161230iphone

ボクも「iPhone 6」からアップグレードした「iPhone 7」ですが、多くのユーザーや関心心ある人を驚かせてのが”イヤホンジャックの廃止”ではないでしょうか?

同時発表となった純正Bluetoothイヤホンの「AirPod」も話題の的になりましたが、とにかくこれまでの”常識”だったイヤホンジャックに差し込んでのイヤホン(ヘッドホン)使用が過去の話になるというこの大胆な進化(?)は多くの人を驚かせたと思います。

ボクもこれに合わせて初めてBluetoothイヤホンを買ってみましたが、行けるっちゃ行ける、やっぱりイヤホンジャックが欲しいなと言えば、欲しい。そんな感じです。

関連記事

5位:ドナルド・トランプ氏大統領選勝利

log-161230trump

世界の10大ニュース、いや、No. 1ニュースかも知れないのがこちら。

次期アメリカ大統領を決める大統領選挙でドナルド・トランプ氏が多くの予想を覆し勝利、来年1月20日より第45第アメリカ合衆国大統領に就任することになりました。

シアトルは民主党地盤なので、9月に行った際にも多くの友人から「誰に投票するかはわかってるよね?」という暗黙の?プレッシャーをかけられましたが、ボクの票は結果に結びつきませんでした。

一時株価や為替が乱れるなどもありましたが、今後は来年の就任以降の動向を見守るしかありません。

関連記事

4位:LINE初収入

log-161230line

こちらの記事でも書いている通り、LINEのスタンプを販売しているのですが、今年、販売開始から2年目にして初めて報酬を受け取りました。

ここまで引っ張った理由はいくつかありますが、ひとつは送金手数料として540円引かれてしまうことから、できるだけまとめて受け取りたかったという考えからここまで受け取らずにいました。

しかしこのほどポリシーに従い自動的に送金となる手続きが行われ、およそ7,000円を受け取りました。

人気クリエーターさんは人生が変わるほどの収入になっている人もいらっしゃる様ですが、ボクはお小遣いにもならない程度の報酬を地味に受け取りました。

とはいえ、イラストレーターでもないボクがこうして何らかの収入を得られたのはある意味革命的だと思うので、Leo的10大ニュース第4位はこちらにしました!

関連記事
「オレサマライオン」販売ページ

3位:「ポケモン」フィーバー

log-161230pokemongo

2016年、彗星の様に登場したスマホゲーム、「ポケモンGO」

多くの人が熱狂し、関連事故や騒動も起こるなど社会現象となっていますが、一時期のフィーバーは少し冷め気味、今は若い世代はもうプレイしていないとも言われています。

そんな「ポケモンGO」、ボクも日本で解禁されるなりやってみました。

正直ポケモンをほとんど知らなかったボクは、この「ポケモンGO」フィーバーを機に、「Amazonプライムビデオ」にてアニメ版ポケモンを見続けました。

結局話の数が多すぎて最後まで見れていませんが、アニメのおかげで初代のモンスター名はほぼ網羅し、ポケモンを見ただけで名前が言える様にはなり、「ポケモンGO」のプレイもより楽しくなりました。

世間と同じくボクもプレイ頻度は低くなりましたが、一時期はウォーキングを兼ねてほぼ毎晩”ポケGO散歩”をしてきました。

「Apple Watch」にも対応したのもあるので寒いけどまた夜の徘徊を始めてもいいかな、と思っています。

世間の関心も高く、自分的にも夏から秋にかけて結構影響されたものだったので3位にランクインでした!

2位:愛犬ミレちゃん逝去

2000年、我が家にやってきた可愛い可愛いトイプードルのミレちゃん。

家に来てすぐ後にボクは実家を出てしまったので一緒に暮らした期間は他の家族のメンバーより短いですが、それでも”家族の一員”でした。

そんなミレちゃんが7月13日に亡くなりました。

最後は立つこともできなくなり、”寝たきり”状態で見ているのもかわいそうな状況でしたが、最後は安らかに息を引き取ったそうです(立ち会えず)。

16歳までの長いあいだ一緒に過ごした家族がいなくなり、寂しい気持ちがいっぱいですが、ミレの娘でもあるペシュちゃんも一人になってしまってもっと寂しいかも知れません。

初めてのペット葬やその後の供養も経験し、いい面しか見ないペットを飼うということの全体像も初めて実感しました。

これまで16年と少し、ありがとう!

1位:「EXS」日本オフィススタート

log-161230exs

第1位は何があってもこれでしょう。

日本で起業して、新しい一歩を踏み出しました!!

アメリカで事業を始めたのが2010年。それから紆余曲折を経て、大阪に事務所を構えるに至りました。

事業規模も組織も細々したものではありますが、ここまでの人生の全てがここに繋がっていたと信じて来年も頑張っていこうと思います!

まとめ

ということで、ボクの2016年はこんな感じでした!

まあ誰も興味ないかも知れませんが、自分用の「健忘録」も含めてまとめてみました!

なんだかんだで2017年。

ついこの間まで200x年だったのに、気づいたら2020年が視野に入ってくる時代になったことに驚きを隠せませんが、来年もできることをコツコツと頑張っていこうと思います!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る