3008のディーゼルが8月に登場!プジョー、日本におけるNEW SUV戦略を発表

この記事は約39秒で読めます。

シェアしてねっ!

前にも書いたことがありますが、ボクの大好きなPeuget(プジョー)がこの後のSUV戦略について発表。先日ボクも試乗してきた「3008」に加えてより大型の「5008」を投入し、同社の成長を後押ししているSUVカテゴリーの充実を図るようです!

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:クリストフ・プレヴォ)は、本日 NEW SUV PEUGEOT 5008 を日本初公開するとともに、3008 GT BlueHDi の追加など、日本市場に おける今後の SUV 戦略について発表いたしました。

NEW SUVラインナップ

  1. NEW SUV PEUGEOT 2008(発売:2016 年 9 月 15 日)
  2. NEW SUV PEUGEOT 3008 ガソリンモデル(発売:2017 年 3 月 13 日)
  3. NEW SUV PEUGEOT 3008 GT BlueHDi(本日価格発表、8月以降導入予定)
  4. NEW SUV PEUGEOT 5008(日本初公開:参考展示)

こんな感じでコンパクトSUVの「2008」から5008までラインナップする様ですが、ボク的に注目したのは3の「3008 GT BlueHDi」です。

先日試乗し、とってもときめいた3008にディーゼル設定追加となるものですが、プジョーのディーゼルエンジンは定評があり、3008クラスのサイズになるとディーゼルの恩恵も多いので、試乗時点では「未定」と言われていたので「お、来たか」という感じでした。

3008 GT BlueHDi

今年8月に導入というディーゼルは、2リッターターボ180ps/400Nmを発生。組み合わせられるトランスミッションは6速のエフィシェント・オートマチック・トランスミッション。

ディーゼルのメリットのひとつである燃費は18.7km/Lという高燃費で、プジョーとしてはレアな、エコカー減税の対象にもなります。

価格は426万円と実質のベースグレードである「Allure LED Package」の369万円より60万円UPとなります。

5008も今秋日本導入


3008とほぼ同様のルックスで3 列 7 シーターとなる5008もこの秋めどに日本導入予定とのこと。

パワートレインや基本技術は 3008と共有ですが、3008 から+190mmの4640mmという全長で3列シートで7人乗れる空間を作っています。長くなった分に質も増え、より本格的なSUVとしての使い方が広がるサイズとなります。

価格は未発表。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る