Peugeot、3列シート7人乗りのSUV、新型「5008」発売!デビューフェアも

この記事は約311秒で読めます。

シェアしてねっ!

先日、マツダが人気SUV「CX-5」の3列シート版とも言える「CX-8」を発表したところですが、最近SUV攻勢が目立つフランスPeugeotも3種目のSUVとなる「5008」を発売します。

同じ名前の車は以前からラインナップされていましたが、MPVスタイルからSUVスタイルへと進化し、先行して展開している「2008」「3008」に続いての登場となりました。

パッと見のスタイリングはまさに3008を大きくした印象で、マツダのCX-5とCX-8との関係性に酷似しています。

7人乗りで、3列シートというカテゴリーの需要がいかほどのものか、マツダのCX-8と合わせて注目の車種になりそうです。

外観

どっしりした体格でSUVらしいスタイリングでとってもかっこいい。

こちらは3008ですが、外観はほぼ同じ。

こちらは先代のデザイン。かなり大きなデザイン変更です。

現状7色展開となり、この、「エメラルド・クリスタル」がセールスカラーの様です。力強いSUV感を出すためか、落ち着いた色が多くなっています。

インテリア

インテリアも3008とよく似ていて、小径ステアリングやi-cockpitなど特徴的な装備も同じ。外観と同じくパッと見では違いに気づかないかも知れませんが、ところどころ高級感が増しています。

グレード(モデル)によりますが、高級感あるレザー仕様もあります(国内未設定)。

シートアレンジももちろん自由自在です。2-3-2のレイアウトですが、2列目も三分割シートととなっているので分割の自由度が高くレイアウトしやすい。

2, 3列目シートを倒すとゆとりある空間が出来上がります。

SUVたるもの、シートレイアウトは大事なポイントです。

そしてプジョーお得意且つ、最近のトレンド装備であるパノラミックガラスルーフも装備できます(15万円のオプション)。

価格

登場時点では、1.6Lツインターボガソリンエンジンか、2.0Lディーゼルエンジンかで別れる2種類のみの設定です。ディーゼルモデルのみエコカー減税対象ですが、もちろん、車体価格は高くなります。

ディーゼルモデルにセールスカラーのエメラルド・クリスタルとパノラミックガラスルーフ、そしてナビ&ETCを装備したら500万円ちょっとです。

弟車種の3008はディーゼルモデルで同様装備だと25万の差額です。この差額をどう捉えるかですね。

デビューフェアー

すでに発売はされていますが、10月7日から9日間、デビューフェアが行われ、試乗はもちろん3インチ(7.5cm程度)のミニカーがもらえます。

icon-external-link キャンペーンページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る