【MAZDA】新型SUV「CX-8」正式発表:ミニバンを置き換える最上位クラス3列シートモデル!

この記事は約511秒で読めます。

シェアしてねっ!

先日開発発表がすでにあったマツダの新型SUV、「CX-8」正式に発表されました

マツダのSUVとしては国内最大サイズで、開発発表時に今後ミニバンタイプの製造を取りやめ、CX-8で置き換える考えであることも表明していました。これまでは「MPV」や「プレマシー」などが長年ラインナップされていましたが、SUV人気の中、大きく舵をきった形ですね。

発売日は12月14日。価格は319万6800~419万400円。エンジンはディーゼルのみの設定とのことです。

icon-bookmark 【MAZDA】3列シートの新型クロスオーバー「CX-8」を年内発売へ!

CX-5を大きくした様なエキステリア

外観は冬にモデルチェンジした同社人気車種「CX-5」を大きくした様なデザインで、フェイスなんかはとってもよく似ています。

よく似た角度の同じ色のCX-5がこれ。かなり似た意匠で、角度が違えば同じモデルかな?と見間違えるくらい。

しかし、3列シートで、CX-5が全長4,545mmなのに対し、CX-8は4,900mmと355mm長く、高さもCX-5が1,690mmで、CX-8は1,730mmと40mm高いなど、一回り以上大きくなっています。おそらく並べて見比べると一目瞭然でCX-8の大きさを感じるでしょう。

後ろからのデザインもCX-5ととってもよく似ています。

こちらCX-5の同じような角度からの写真。よく似たデザインなのがとってもよくわかります。

インテリアデザインもCX-5に酷似

インテリアデザインについてもCX-5ととってもよく似ています。上の写真はCX-8ですが、下の写真のCX-5と見比べると実に似ています。

”芸がない”とも言えますが、マツダのデザイン言語が明確だという風に捉えれば、それだけ同社のアイデンティティとして自信を持ってリリースしているという見方もできます。

こちらはCX-8のセンターコンソール周りの写真ですが、こちらのデザインもCX-5と本当に似ているのがわかります。

同じパーツを使うことでコストダウンを図るという狙いもあるかも知れません。

3列シート

3列シートのアレンジは2-2-2の6人乗りが2パターンと、2-3-2の7人乗り1パターン。6人乗りは2列目がウォークスルー担っているパターンと、センターコンソールが入るパターンがあります。

ミニバンの様に大きな間口がなくても3列目へのアクセスはこの様にしっかりデザインされています。

3列シートならではの広さとゆとりあるクルージングは、CX-5では得られないことの一つ。

SUVだからこその広々荷室とアレンジ

3列シートですが、SUVですから、シートアレンジも多彩。スキー板やサーフボードなどのせるのに困っていてはSUVの意味がわかりません。

三列目を片方倒すと少し長いものを入れるスペースが生まれます。それでもゆとりを持って5人が座れますね。

この様に2列目、3列目を続けて倒せば、長〜いもの、例えばスキー板だって簡単に載せられます。これでも4人が十分乗れるので、4人でスキー旅行という時でもキャリアラックの出番なし。

そして、2、3列目を共に倒すといわゆる”フルフラット”とは様相は違うものの、かなり広々の荷台が登場。お引越しでも対応できそう。

でも、公式にこんな写真がある通り、フルフラット的扱いをして足を伸ばして寝ようという考えになれる様なゆとりはある、ということがわかります。

キャンペーン&イベント情報

なお、デザイナースケッチ&オリジナルフォトカードセットがもらえるキャンペーンやいち早く実車が見られる展示イベントも各地で行われます(詳細下記リンクより)。

icon-external-link http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/event/

主なイベント地

東京:関東マツダ 高田馬場店

9月15日(金) ~10月9日(月) 10:00 ~ 19:00
10月30日(月)~11月12日(日) 10:00 ~ 19:00

大阪:マツダブランドスペース大阪

9月15日(金) ~ 11月下旬(予定)  10:15 ~ 18:45

上記二箇所は明日から見られますね。ブランドスペース大阪では9/16, 17に開発主査とチーフデザイナー出席のイベントが開催される様です。

大阪:グランフロント大阪

9月29日(金)  11:00 ~ 19:00
9月30日(土)  11:00 ~ 19:00
10月1日(日)  11:00 ~ 19:00

こちらは以前新型CX-5のイベントにも行った場所ですが、CX-5とCX-3も同時に展示されるそうなので、3兄弟を比較するのに良さそうです。

まとめ

約250万円から買えるCX-5(CX-8は約320万円〜)はサイズ的にも乗り回しが楽で、売れ筋の座は譲らないと思うものの、ミニバンが欲しい層に対して訴求力ある商品かも知れません。

ただ、スタートの値段差70万円の根拠の中にはより高級感の高い仕上がりもある様に感じられ、マツダが最近目指しているラグジュアリー路線の象徴となるモデルがこのCX-8にも見えるため、従来ミニバンを狙っていた若いファミリー層や、遊びたい若者たちが触手を伸ばすにはちょっと違う車なのかも?という気もします。

アメリカではさらに大きい「CX-9」が売られており、それを日本市場向けに少し小さくした感じのCX-8ですが、弟分となるCX-5と比べると大きく、日本市場でどれくらいの需要があるのか、12月の発売が楽しみです!

CX-8公式ページ

icon-external-link http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る