LAMYの2019年限定色いろいろ

この記事は約457秒で読めます。

シェアしてねっ!

最近このブログでは書かなくなりましたが、ペンってそんなに何十本もいらないものですからある程度揃っちゃうと追加購入の手は止まりますよね(笑)。

でも、おしゃれさと機能性を兼ね備えた「LAMY」(ラミー)の2019年限定色はちょっと気になったので記事にしてみました!

LAMY Safari (ボールペン)

今年の「Safari」(サファリ)限定色は3色で春らしいポップで淡い可愛らしい色がラインナップします。上から「ブルーマカロン」、「ミントグリーン」、「ローズピンク」。

2019年のラミー サファリ限定色は、心はずむパステル。バレルとグリップのジョイントパーツや、ボールペンのノックのラバーなど、細部までパステルトーンでコーディネートされた今までにないスペシャルエディション。パウダーローズ・ミントグリーン・ブルーマカロン、3色同時に登場です。

正直、日本語を書く前提だとLAMYの万年筆はペン先が太すぎる気もしますが、ボールペンは値段的にも、書き心地的にてもオススメできます(もちろん国産の数百円のものの方がCPはいいです)。

icon-external-link http://www.lamy.jp/safari.html

LAMY AL-star

続いてはSafariに似たデザインですが、Safariがプラスチックなのに対しこちらはアルミでできている「AL-star」(アルスター)。デザイン的にはほぼ同じですが、アルミでできているため触り心地が違います。2019年の限定色は「ブロンズ」です。

Safariと同じく万年筆とボールペン、そしてローラーボールのラインナップがあります。

icon-external-link http://www.lamy.jp/al-star.html

LAMY pico

特殊なデザインなため使う人を選ぶ?「pico」(ピコ)シリーズの限定色は「ネオン・グリーン」。

2019年のスペシャルカラーはエネルギーに溢れたネオングリーン。
小さいながら力強い印象を持つグリーンは、
ファッションのアクセントにもなります。

公式サイトの紹介文はこの通り。

おしゃれといえばおしゃれですが、ちょっと自分が買うかは微妙です(笑)。

icon-external-link http://www.lamy.jp/pico.html

LAMY Tipo

最後の1種はボクも愛用している「tipo」(ティポ)。2019年の限定カラーは「エメラルドグリーン」。ピコと同じ緑系ですね。

2019年のリミテッドカラーはドイツの新緑を想起させるエメラルドグリーン。アルミニウムのボディとブラックマットの樹脂のコンビネーション。最も多くのラミー商品を手掛けるプロダクトデザイナー、ウルフギャング・ファビアンによるデザインです。

ティポはとても気に入っていて、よくある油性のペンとは違った水性ならではの書き味が好きです。定価1,700円と割とリーズナブルで、今1本しか持っていないのでこの色、買っちゃおうかな?と少しだけ思っています。

icon-external-link http://www.lamy.jp/tipo.html

LAMY OFFICIAL

icon-external-link http://www.lamy.jp/products.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
PR
トップへ戻る