安藤忠雄氏、「こども本の森 中之島(仮称)」寄付募り設計

この記事は約259秒で読めます。

シェアしてねっ!

ボクが大好きな建築家、安藤忠雄氏が設計する新しい図書館が再来年大阪に完成することになりました!

(出展: 朝日新聞デジタル)

大阪市出身の世界的建築家、安藤忠雄さん(76)が19日、自ら設計から建築まで手掛ける児童図書館を同市に寄贈すると発表した。この日午前、吉村洋文市長に面会した安藤さんは「子供たちに本や芸術文化に触れる機会を提供する場にしたい」と説明した。中之島公園内(同市北区)に2019年度完成を予定する。

(from 毎日新聞

同図書館は子供向けなのでボクたち大人が喜ぶものではないかも知れませんが、こうした公共施設が増えること自体喜ばしいことです。

安藤氏設計の建物は大阪に数多いですが、どれもコンセプトにとても共感するので今回の児童図書館もとても楽しみです。

構想では3階建てで、延べ床面積は1,000㎡。中央が吹き抜けで、取り囲む壁面が本棚になるというものだそうです。”本に囲まれた空間”という感じになりそうですね。

大人がウキウキ足を運んでいい施設なのかはわかりませんが、2019年の完成が待ち遠しいです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る