「インダストリアルデザイン」なライティングを目指してエジソンライト風LED電球を導入してみる

この記事は約735秒で読めます。

シェアしてねっ!

先日、今年のマイブームが「インダストリアルデザイン」だって話を書きましたが、順番にオフィスを改造していく過程でライティングを変えてみようと思いました。

インダストリアルデザインを調べてると結構特徴的なライティングが見つけられるんですよね。無骨で、シンプルなライティングが男らしくて?かっこいいなって思っています。

色んな系統がある?

ってことで調べてみると工場風デザインなライトっていくつか系統があることがわかりました。

ボク的に3つの系統に分けてみたところ、

  1. 電球むき出し系
  2. おっきなファンプシェード系
  3. 格子状のカバーついてる系

こんな感じのパターンかなと思いました。上の写真で見ると、大きなガラスで覆われたパターンもあるかな、と思うのですが、人気具合とボクの好き具合的に取り除きました。

1. 電球むき出し系

言葉の通りですが、電球ソケットに差し込んだままそのままの状態で使うパターンです。シェードとかつけないので最高に無骨ですが、逆にアレンジをちゃんとしないとダサくなり兼ねないのでセンスが大事になります。

こんな感じで基本的にいくつかもの電球をぶら下げるパターンを多く見かけます。

2. おっきなファンプシェード系

続いては大きなランプシェードが特徴的なパターンです。

こちらの写真の様に、電球に対してかなり大きなシェードでカバーしているのも工業感出るのですね〜。でも、個人的にこれは邪魔かな?って(笑)

まあ、全体のバランスを上手やればそれなりにかっこいいです。

3. 格子状のカバーついてる系

三つ目は格子状のカバーで囲うタイプです。メタル感を感じるデザインです。格子の形状は丸だったり資格だったり多角形だったり色々ある様ですが、これもアレンジを上手にやるとかっこいいかも知れません。

直接電球に触ってしまうことが減るのでいいかも知れません。

フィラメント→LEDが経済的ではある

と、インダストリアルな感じの電気を学んだところで、電球についても調べてみました。

やっぱ理、インダストリアルというとヴィンテージ感が大事なので、そういう意味でも味のあるエジソン電球がかっこいいです。

エジソン電球ってこんな感じのやつです。赤みがかっていて、やっぱいいですよね。でも、今主流のLEDと比べると10倍くらい電力がかかるし、寿命も短いので、「味 vs 実用性」を考えると近い雰囲気を出しているLEDなのかな?というのがボクの方針です。

上の電球はアマゾンで、4球1,799円で出てますので、一球450円程度。一方同じくらいの明るさのLEDタイプは、同じくアマゾンで、3球2,700円くらい、つまり一球900円でちょうど2倍くらいの価格ですから、初期投資はフィラメントタイプの方が安いのは安くなりますね。

ですが、電気代と寿命(LEDだと1日10時間以上使っても10年くらい使える)のことを考えて、LEDを導入したいと思っています。

ペンダントライトソケット購入

で、とりあえず26口径の電球に使えるペンダントライトソケットを買ってみました。口の大きさはLEDでもエジソン電球でも変わりないので、最悪後から電球だけ変えるとかは可能です。

さらに、ボクは電球むき出しパターンを採用しようと思っているので、それに使えそうなものをAmazoで探しました。

どーん!

頭の中にあるイメージにとても近い写真を発見しました!

写真は届いた現物とちょっと違ったんですけど、、、後、3連タイプなので「あれ?」と思いつつ、でも、電球部分にスイッチがあることが気に入って(光量をここでも調整できる)買ってみたのです。

ぐるぐる巻きで届きました。すでに写真と違うのが、ケーブルがなんかねじり巻かれている点、、、これってAmazonにいうべき??

まあでも個別に包装されてて丁寧な感じではある。。。

ただ、なんでか知らないけど内側にダンボール素材が入っている(笑)。とっていいのかな?と思ったけど結構取れない(笑)。

電球はIKEAでゲット

Amazonでもたくさん電球、売ってます。しかし、いくつか並べるということは電球ごとの色味にばらつきがあるとちょっと気色悪く感じちゃうのかなーって思って、後、実際の光の感じを見たいのもあって、IKEAで電球を買うことにしました!

「LUNNOM ルッノム」シリーズの電球をいくつか買いました。

ひとつをはめてみた。こいつは、しずく型、999円です。35W相当の明るさです。

暗がりでの光具合はこんな感じ。

ガラスの部分がちょっと黄色っぽい色になっていて、透明度高いタイプより温かみある印象が好みでした。

まだぶら下げるところまでやれていないのですが、なんとなくこんな感じ。

続きの展開にご期待下さい(笑)

むき出しデザイン色々

ちなみに、調べていると電球むき出し系でも結構凝ったものが見つかりました。自分の中でむき出しデザインで行くと決めたものの、同じ系統でもいろんな見せ方があるので面白いので集めてみました。

パイプ管を使ったこんなデザイン。凝ってますが、ボクの欲しいイメージとはちょっと違います。

こんな感じでただ単に多すぎてもカオスですから、、、

ロープ感出したケーブルも見つかりましたが、、、うーん、やっぱり個人的にこのタコ足みたいな感じは好きじゃない!でも、、、

ぶら下げ方の問題ではなさそう。これもやっぱり好きじゃない(笑)。

一方、こういう感じは非常に好きなので、方向性としてはこれを目指そうかと思います!

他にも、ケーブル色が赤なのは無視して、こういう風にパイプに絡ませる感じも「あり」かなと思っています。

でもやっぱりこれじゃ多すぎなので、5〜6球くらいでいい感じにまとまったデザインを自分なりに見出してやってみることにします!

アレンジが完了したらまた記事にします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
PR
トップへ戻る