【USJ】2019年版!クール・ジャパン期間しか買えない「進撃の巨人」限定グッズ一気紹介!

この記事は約1248秒で読めます。

シェアしてねっ!

去年不開催だった「進撃の巨人 ザ・リアル」が今年1年ぶりに復活しました!

アニメ版ももうすぐ巨人の大きな謎が明らかになるところまで進んでいて、大転換期を迎える進撃の巨人です。非常に申し訳ないのですが、2年前に書いた進撃の巨人グッズの記事が今このブログのアクセストップになっていて、”やべええ”と思って最新版を見に行ってきたので最新版の記事を書きます!

icon-external-link 公式サイト

2019年版「進撃の巨人」グッズ一挙公開!

それでは全部を網羅できているとは思いませんが、2019年の進撃グッズを紹介していきます!

まずかなり目に付くし、パークで最初に買うのはあまりお勧めじゃないけど、でもどうせならパーク内で装着したいとなってしまうのが、こちら!

1. 立体機動装置(12,000円)

12,000円とお値段も高いのですが、左右二セットの立体機動装置は立派ですし、こうして飾られているのをみても絵になります。ブレードが1本ずつなのが忠実性に欠けます(本当は予備がありますから)が、それでもこれを腰からぶら下げているだけでコスプレの立派さがかなり変わってきますね。

背中の後ろにある樽型?の部品はついてこないようですし、結構プラスチック感があるのもリアルさに欠けますが、でもサイズが大きいのでつけている人を見たら、「おお!」ってなりそうです。

↑公式サイトに載っている装着例です。割とかっこいいでしょ?

でも、ユニバじゃなくても売ってそうって思ったのでAmazonを調べてみたら、「進撃の巨人 立体機動装置 Cosplay コスプレ道具(刃が置換することができる)」って商品がありました。こちらは刃を付け替えれるギミックもついてて、送料入れて15,000円くらいです。3,000円の追加ならこっちの方がいいかも?ユニバの限定モノっていうのを取るか、どっちを取るかですね。

Image: Amazon.co.jp

2. マント(6,500円)

これ一枚羽織るだけで調査兵団に慣れちゃうマントは6,500円。つまり立体機動装置と合わせて買うと18,500円になります。自前で白いパンツとブーツを揃えたら20,000円ちょっとですね。調査兵団コスはそれで完成ですが、いかがでしょうか?

まあ、これまたAmazonだと2,000円くらいで売られているのですが、、、、。

3. Tシャツ&短パン(3,900円/3,300円)

それとも、いっそこれでしょうか?これからの季節ですとこのTシャツと短パンを着れば調査兵団入りです。上下で7,200円なのでマント1枚分くらいです。手頃に調査兵団に入れていいかも知れませんが、コスプレという意味ではちょっと弱いですね。

蛇足になりますが、アマゾンに売られているもので進撃コスをする場合、下記を揃えればそれなりになりそうです。

進撃の巨人コスプレ

これ以外にもウィッグとか小道具諸々合わせると、どれくらいリアリティを求めるかにもよりますが、やっぱり3万円とか4万円とかかかってしまいそうです。

友達連中と一緒にやって104期勢とかやったら楽しいのだろうなとは思いますが、パーク内くらいしか着れるところないですし、クール・ジャパンじゃない時期だとそれも微妙なのでそこまで投資するかは、、、という感じでもあります。

ちなみに、、、

体型に自信があれば(?)こんな全身タイツもありです!(笑)Amazonで3,480円です(今日時点)。

4. 調査兵団Tシャツ(3,700円)

続いて他のアパレルとしてはTシャツがいくつかあります。これは3,700円。シンプルで悪くないです。

5. 柄Tシャツ(3,600円)

右のは上とかぶってますが、左のは100円だけ安いいろんな進撃アイテムが柄になったTシャツです。

6. キャップ(3,200円)

あんまり人気がなさそうですが、帽子もあります。3,200円、売れているのでしょうか?

なお、一緒に写っている黒いTシャツは3,500円、後ろの灰色が3,600円。写真ないですが、巨人が壁から覗いている絵柄のものが3,900円とおよそ3,000円代で色々なTシャツが揃っています。

7. リュック(5,800円)

マントと同柄のリュックは6,000円弱。

右下に写っているのは折り畳みミラー(1,900円)。

8. トートバッグ(3,800円)

こちらはトートバッグ。さっきの柄Tシャツと同じ絵柄で、地の色が緑とマントと同系統の色にデザインされています。

9. ポーチ(3,900円)

続いても同じ柄のポーチです。こいつは2,300円。サイズ的にはお化粧ポーチに良さそうです。

10. ブローチセット(3,200円)

秘密の地下室の鍵のネックレスと、調査兵団のブローチのセットです。今回のザ・リアルがちょうど秘密の地下室に入る直前のお話なので鍵のアイテムはちょうど良さそうです。

11. ブレスレットセット(2,900円)

アクセサリーを続けます。こちらは3種ブレスレットがセットのもの。

写真わかりにくくて申し訳ないけど、1枚目の金のメタリックなもの1、白の編んだ革紐と鎖が一体型?のタイプと、右に写っている立体機動装置をデザインしたものがセットです。

12. リングセット(2,000円)

割とおしゃれなデザインにまとめられたリングのセット。

3本セットで2,000円なので1本700円くらいと考えるとユニバグッズとしては悪くない気がします。

13. コレクタブルチャーム(各700円)

アクセサリーつけるほどじゃ、、、という方はこれでしょうか?シークレット含む全10種なので欲しいのが当たるまで買い続けると割と出費になるやつです。飾られていたのは、リヴァイ、エルヴィン、ハンジ、ヒストリア、ジャン、サシャ、ミカサ、アルミン、エレンなので、誰でしょうね、シークレット。まあ、獣か、巨人エレンくらいでしょうね。

写真はありませんが、缶バッヂもあります。

14. ナノブロック(1,000円)

こちらは各1,000円で8種類。リヴァイがお掃除バージョンだそうです。

15. バンダナセット(1,200円)

掃除といえばこれ、リヴァイ兵士長の掃除バージョンを思い出すこの白いバンダナもとうとうグッズになりました。掃除バージョンリヴァイ、人気ですもんね。

16. ウォッチ(6,500円)

アクセサリで一つ忘れていました。時計もありました。6,500円です。

自由の翼が刻み込まれたデザインは割とかっこいいですね。マントと同じ値段なら、、、こっちの方がいいかも?です。

17. パスケース・柄(1,600円)

パスケースも二種類ありました。こちらは何度かでてきている柄デザインのもの。

18. パスケース・マント(2,100円)

こちらのケースはカードの表面があまり見えないという意味でこの方がいいかも知れません。デザイン的にもボクはこちらの方が好きです。500円高いですが。

19. キーホルダー(1,400円〜)

キーホルダーも何種類かありました。上のは1,400円で調査兵団のロゴが立派にデザインされています。

こちらは3種セットで2,200円。一見メタルっぽいけどプラでできているのでかるっって思います(笑)。

20. ペンケース&多色ペン(1,400円/2,500円)

グリーンがおしゃれなペンケースは1,400円で大人が使っても大丈夫かな?というデザインです。ボールペンの方は大人気ジェットストリームで、こちらも使えるグッズという意味ではありですが、同じものと思われる4色プラスシャーペンのタイプがAmazonで571円で売られていることを考えると、、、、たっけえなーって感じです(笑)。

21. マグネットフック(1,200円)

これはなかなかシュールなアイテム。割とお気に入りです(買ってないけど)。超大型巨人がデザインされたアイテムで腕や足がグニグニ動きます。

こんな感じで自由に稼働します(笑)。これがマグネットなので冷蔵庫にくっつけたりして鍵をぶらさげるなどの用途が想定されています。800円くらいなら買ったかな?

22. バインダー(2,000円)

革っぽいデザインがかっこいいバインダー。でも街でアンケートとる人くらいしか必要ないかも?なアイテムに2,000円はしんどいかも?です(笑)。

23. コレクタブルファイルセット(各800円)

再びコレクタブルシリーズ。各800円。8種類と2種類のシークレットの合計10種類あります。シークレットはなんでしょうねぇ?

24. リヴァイのティーカップ(2,900円)

ヒビが入った様なデザインのカップ&ソーサー。

このカップだそーです。アニメの画面?キャプチャ?ではヒビ入っていませんが、どうやらヒビがある様です。リヴァイファンはマストバイでしょうけど!

25. クッション(3,400円)

日用品のカテゴリーとしてはこれも紹介しておく方がいいでしょう。でかでかとロゴがデザインされたクッション。一見かっこいいけど、、、よっぽどのファンじゃなければいらないかな??

26. 駆逐クッキー(1,800円)

キャラクターがプリントされたクッキーです。24枚入りで1,800円。お菓子系のお土産は他にも色々あると思いますが、これだけ写真撮ってきました。

我がお気に入りのこの巨人がプリントされていたので(笑)。

いかがでしたか?多分グッズの数を全部数えるとこの倍くらいあるのだろうと思いますが、主だったものを紹介してみました。これから8月まで続く今年のクール・ジャパン。またこちらの記事にアクセスが増えたら他にもグッズを紹介しようかなと思います。

「進撃の巨人 ザ・リアル」

ところで、グッズだけでなく、今年で3回目となるクール・ジャパン参戦の進撃は初めて「ターミネーター」アトラクションの場所を借りた形になりました。

ターミネーターの場所に「進撃の巨人 THE REAL」の字が。

ターミネーターの場所といえばハロウィン時期に貞子バージョンになることでも有名ですが、一体どんなアトラクションなのでしょう?

入り口を入るとここにもアトラクションロゴが。かっこいいです。

この日は週末だったのでそれなりに並んだのち、再び屋内までやってきました。

館内ではここまでのストーリーが流されています。全くストーリーを知らない人には意味不明だと思いますが、それはいつもは綾小路さんがいる場所で大体の設定説明の時間が設けられるので大丈夫(?)です。

これ以上先は写真禁止だったのでそこは載せられませんが、公式にこんな写真があります。

ネタバレになるので嫌な方はこれ以降見ない方がいいですが、ストーリーは秘密の部屋に入る直前、トロスト区攻防戦の様子を4Dで見る感じです。ターミネーターと同じくステージ上に役者が出てくるのが過去2回のアトラクションと違う点ですね。

また、上の写真の様に背後に等身大かと思われるサイズ感の超大型巨人が登場します。

少しだけストーリーが変えられていますが、進撃の巨人ファンでも文句ない内容に仕上がっていると思いますし、知らなかった人には少しネタバレ(今から見るという意味では)が入るものの、これを機に読んでみよう(アニメ見てみよう)という風に思う様な感じだと思います。

リヴァイ・チュリトス

進撃の巨人関連の話題として最後に紹介するのは「リヴァイ・チュリトス」(550円)です。「お掃除ver 〜オレンジチョコレート〜 Levi’s Orange Chocolate Churritos」と書かれている通り、チョコ味xオレンジフレーバーという感じですが、ポイントは先っちょのモジャモジャです。

一見するとなんじゃこら?という感じですが、掃除のハタキをイメージしている模様。自分は食べていないので味についてはわかりかねますが、果たしてこれはありなのでしょうか、無しなのでしょうか?パーク定番となっているポップコーンバケツだったら巨人の頭をかたどったものを作ると売れそうなのに、と思いつつ、進撃関連のフードはこれだけの様です。

※フィネガンズ・バー&グリル(レストラン)には「とある戦い前夜の調査兵団メニュー スペシャルドリンク付」というメニューもある様です。

まとめ

2018年はどういう理由か参加がなかった進撃の巨人がクール・ジャパンに戻ってきました!進撃の巨人が大好きなボクは嬉しいわけですが、過去3回と違って巨大な人形の登場がなかった点以外は大満足でした。

本編もそろそろ最終回に向かってラストスパートなのか?と思わせる展開になっていますが、これからも日本が誇るクールなコンテンツの一つとして頑張ってもらいたいものです!

ユニバの常設アトラクションになってもいいのになー。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
PR
トップへ戻る