あれこれカスタマイズできて出力し放題!欲しい時に欲しいカレンダーがプリントできる「ツクール.jp」のWebサービスが使えすぎてやばい!

この記事は約558秒で読めます。

シェアしてねっ!

みなさんカレンダーはどんなものを使っていますか?スマホのカレンダーアプリですませていますか?お気に入りのアイドルやキャラクターの物を貼っていますか?

今日紹介するのは任意の項目をカスタマイズして簡単にカレンダーを出力できるウェブ上のサービスです!仕事に、プライベートに結構助かっているので知らない人にはいい情報かと!

今時カレンダーは100均でもいいものが買えるが…

カレンダーって、単純に日程を参照したいときにみることもあれば、あれやこれやと予定を書き込めるタイプが重宝するときもありますよね?

今では100円均一ショップでも大きめで書き込みやすいカレンダーも手に入るため、カレンダーに投資することは少なくなったかも知れません。

しかし、ボクの様に数週間から数ヶ月という期間に及ぶ日程作成という作業を頻繁にする人にとってはカレンダーが1冊では足りないので例える100円だったとしてもいちいち買っているとばかになりません。

よって、書き込めるタイプのカレンダーが何枚も必要という需要に対して応える何かを探していましたところ、任意の項目を指定して欲しいカレンダーを手軽に出力できるウェブ上のサービスに行き着いたのでした。

ツクール.jpのPDFカレンダー

行き着いたのは簡単にカレンダーを出力できるサービスが使える、ツクール.jpというサイト。

icon-external-link http://tucool.jp/calendar/

ページ構成はいたってシンプル。

前半には既成バージョンのカレンダーが用意されていて、今だったら2018年〜2020年までのタイプがあります。

単月カレンダーは1月〜12月のパターンと、4月〜翌年3月までの2通りあります。

年間カレンダ・リストも

そのほかにも、12ヶ月分が一覧で並ぶ「年間カレンダー」や、同じく12ヶ月分載っているますが、リスト表示になっている「年間リスト」版も用意されている充実ぶりです。

年間リスト版

年間カレンダー版にも1月始まりと、4月始まりの2タイプが用意されています。

カスタマイズ版がとっても有能

ということで、既存のカレンダーから欲しいものをダウンロードするだけでもとても使える感じではあるのですが、さらにページの下の方に行くと用意されているカスタマイズ版がとっても有能なのです。

こんな感じで、左側の大きなスペースには「ここにカレンダーPDFが表示されます」と書かれていて、右側にカスタマイズ用のメニューがあります。

選択可能項目はこんな感じ。1月始まりか、4月始まりかをはじめ、「元号の表示」だったり、「曜日ラベル」で日本語か英語かなどなど、12種類の項目が選べ、また、リンクさせればFacebookの友達リストを取得し、カレンダーに誕生日を表記させることもできます。なんて有能!

各国の祝日表示にも対応!

また、日本、アメリカを始め、色々な国の祝日表記にも対応しているのもポイント!

ボクは日本とアメリカの祝日両方が大事な商売なので、欲を言えば2つとも表示させる(色を変えるなど)ことができればパーフェクトなのですが、でもこれは痒いところに手を届かせる素晴らしいカスタマイズだと思います。

ボクは今回この仕様で出力して見ます。

上の様な「しばらくお待ちください」の文字が点滅したら出力中のサイン。出力には少しだけ時間がかかります。

できました!

常に、12ヶ月分出力されますが、もし一月分だけ欲しいとか、例えば3月〜5月だけ欲しい、という場合はプリントの際に指定ページだけの印刷にすればOK。

こんな感じで重宝しています

ということで、留学日程を考えたり、プランミーティングの時にどんどこメモして行くという用途にこのカレンダーはとってもぴったりなんですよね。

ミーティングによっては本当に書き込みがめっちゃ多くなるので、もしミーティングごとに新しいカレンダーをおろしていたら100円といえど経費がかさんで仕方ありません。

また、企画によっては日曜始まりのカレンダーが欲しいときもありますし、月曜始まりがいいということもありまして、都度、必要な項目をカスタマイズして用意できるのがとっても助かっています。

まとめ

どれだけ世界がデジタル化しても、紙ってなくならないらしいですね。

確かに。

普段iPhoneのメモ帳は結構使うのですが、デスク上(iMac上)のポストイットは減りませんし、社外でミーティング(営業)の時は手書きのメモ帳(ミニノート)で記録を取っています。

少し前はiPadでやってたんですけど、色々塾講した結果、やっぱり手書きノートがいいよね、って結論で、そうしています。

お客様にカレンダーを示してプランニングするときもありますが、ここでもやっぱり液晶画面上のカレンダーを見つめるより、紙ベースのカレンダーに書き込んだり付箋したりしながらの方が話が進めやすいです。

ということでこれからもこのツクール.jpさんのカレンダー出力にはお世話になると思います。

こういう用途をご存じなかったという方にはお役に立つ情報だったらなお良し、です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人

シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!

PR
トップへ戻る