”いいペン”は一本挿しのペンケースに入れるべし!本革ペンケースを買ってみた!

この記事は約311秒で読めます。

シェアしてねっ!

先日ゲットした高級筆記具の「PARKER SONNET」(パーカー・ソネット)。

所有欲は満足させられるし、人前に出しても恥ずかしくありませんし、もちろん気に入っています。

しかし、安物のボールペンや鉛筆と違って他の筆記具と一緒にペンケースにまとめて入れるのは微妙です。

なぜなら、他の筆記具と干渉して塗装が剥げたり、傷がついたりする心配があるからです。

高級筆記具は一本挿しのペンケースに

ということで、高級筆記具は基本的に一本だけ収納できるペンケースに入れるのがGOOD。

今回、SONNETちゃんのために革の一本挿しペンケースをゲットしました。

ボクが選んだのはフタのついているタイプじゃなくて、上が開いているシンプルデザインのタイプ。

同じ一本用でも、封筒の様にフタを閉じられるタイプや、ジッパーが付いているタイプなど色々ありますが、ボクはこのタイプを選びました。

理由は収納した状態で最も薄いから。

これは有名ブランド「CROSS」の純正ペンケースですが、しっかりペンを守れる反面、フタ部分のせいで厚みが出てしまいますし、ボク的には”たいそう”です(笑)。

今回買ったこいつは、ちょーどペンと同じくらいの長さで、いわゆるミニマルサイズです。

仕舞ってみた

では、そんなミニマルなペンケースにSONNETちゃんを仕舞ってみましょう。

片方の口が開いているので挿し込むだけ。フタがないのでとってもシンプル。

ほぼほぼ奥まで差し込むとこんな感じになります。

この様子を見ると、「モンブランだったらかっこいいかも」と思ってしまいますが、ちょうどぴったりなサイズでなんか、いい気分。

いいところと、悪いところ

基本的にこれで満足していますが、問題点もあります。

ペンのボディが全部しっかり入ってしまうため、取り出すときに少し厄介です。

厄介といっても、上手にやればスーッと滑り出す感じで取り出せますが、結構タイトに片付いている感じです。

もう一点は、せっかくのパーカー矢羽が隠れてしまう点。

これは問題点というよりも、残念ポイントですね。

さっき書いた通り、モンブランだったら上から見てモンブランとすぐにわかるロゴが見えるのでいい感じですが、クリップ部分にアピールポイントが付いているパーカーは、矢羽クリップが隠れちゃうと残念です。

それがあってか、クリップ部分が外に出やすいデザインのペンケースもあるみたいなのでちょっと触手を伸ばして見よーかなーと思ったり、思わなかったり。

とりあえずまずは、この一本挿しペンケースを買ったことで、これまでより気軽にSONNETちゃんを持ち出せる様になりました。

ペンケースに入れて、仕事用バッグに入れて持ち出してみます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る