デスクをおしゃれに〜「名刺立て」を木彫りのオーダーメイド品にアップグレード!

この記事は約445秒で読めます。

シェアしてねっ!

9割方自己満足な、自分のデスクに置いている名刺を立てておく物、よく「名刺立て」とか「名刺ホルダー」とか呼ばれている物ですが、起業してから今日までずっと、200円くらいのアクリルの物を使ってきました。

別にそれで事足りてたし、そんなにたくさんの来客があったり、デスクをまじまじ見られることもそんなにないと思って無頓着でおったのですが、最近こちらの記事なんかで書いてきた通り、ペンが気になりだしていて、その関連?連鎖反応?で、机に並べている諸々をちゃんと見直したいな、って思ったのです。

それで、今年の自分への誕生日プレゼントの一つとして、ちょっと他にはない(であろう)オーダーメイドの名刺立てをオーダーしてやったというのが今回のネタです。

オーダーメイドの木彫り名刺立て

名刺立てが気になりだしてすぐ、ネットで色々調べてみたのですが、あまり多くのヒットを得られませんでした。なんだかなーって思っていたのですが、まあ、多くの人がそこまで気にするアイテムではないのかな?と思っていたら、オーダーごとに手彫りで作ってくれるというなかなかいい感じのものが!

こんな感じの木製の名刺立てです!手前にアルファベットで文字が並ぶ可愛らしいデザイン。

写真でわかる通り、文字の数で横幅も変わります。同時に値段も上がっていく感じの段階的値付け。文字列についてはアルファベット26個から任意の文字列を指定できるオーダーメイド式になっていて、サンプル写真を見る限り、人の名前にするイメージっぽいです。

結構悩んだのですが、ボクの名前、つまり「LEO MIYANAGA」にすると横幅が名刺サイズより長くなってしまうんですよね。

これくら短い回名前の人だとかなりいい感じに収まるので母方の姓であるDOIを名乗っていたら「LEO DOI」でいい感じだったのになーとか不毛な想像をしつつも、結局名前ではなく、この3文字を選びました!

Hey! I’m CEO!

最後まで、「LEO」という案や、「CEO LEO」という案などとも迷ったんですが、結果的にこの「CEO」を採用しました。

別に少人数組織で自己満に近くCEOと名乗っているだけの人間ですから、アピールしたいわけでもないのですが、名前は名刺に書いてあるんだし、誰のデスクやねん?っていう意味も含めてCEOで行ってみようと思いますた。蛇足ですが、LEOとは1文字違いなことに、この時気づきました。

名刺をセット

で、名刺をセットするとこんな感じに。

最大8文字まで入るというこの幅は名刺サイズとぴったりなんですね。やっぱりこのサイズは優先してよかった!

Before, After

さてさて、そんな感じで、上の写真が元々の名刺立てです。アクリルのタイプでも変ではないですが、下の新しいものと比べると、、、

どうですか???

やっぱりこれのが雰囲気出ますよね?ね??

重量がそんなにないので重厚感はありませんが、やっぱりちょっとした可愛らしさと、木彫りという高級感の共存が、ボクは満足しています!

まとめ

ペンが気になり始め、それに伴い文房具中心に自分の持つ道具類が気になりまくっているわたくし。

デスク周りも少しずつ気づいたところから変えていこうかな、と思う中、実物を見ることなくネットオーダーでゲットしてみたこの一品は今の所大満足です!

早く来客があって、名刺を渡すシチュエーションが来ないか、今から楽しみです!

ペンはもちろんですが、文房具なども、100均の物からほんの少しでいいのでアップグレードするだけで気分が代わり、身が引き締まったり、やる気の元になるのだなーと最近実感しています!

仕事にモチベーションややる気を求めている方は、是非ちょっとだけイイものを使って仕事してみること、オススメします!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

TwitterでLeo Miyanagaを

シェアしてねっ!

PR
気軽にコメントください!
書いてる人
シアトル生まれ、大阪育ち。第一言語は大阪弁。現在は日米行ったり来たり。EXSでは、留学や国際交流プログラムの企画を軸にキャリア支援、ライフプランニング事業を展開。フォトグラファー&心理家としても活動中。大阪に写真ギャラリーあり。主に風景と人物を撮っています。撮影依頼気軽にどうぞ!
PR
トップへ戻る